ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

1月1日

 新年、明けましておめでとうございます。
 上の写真は、今日、元旦の朝、浅草の吾妻橋近くから見たスカイツリー。
 穏やかな天気で青空が眩しい。隅田川の向こうにそびえ立っスカイツリーを撮ろうとしたらウミネコが次々とやってきて視界をふさぐ。
 けっこう人懐っこく、猫みたいにミャー、ミャー鳴いていました。
 本年もよろしくお願いいたします。

◯「世田谷ボロ市」は年明けの2020年1月15日(水)、16日(木)に開催、昨年12月と同様、出店いたします。

◯このところ「アグア・デ・フロリダ (50ccボトル)」が人気です。
 南米ペルーで作られた花の精油をもとにした香りのスプレーで、爽やか、清潔感のあるさっぱりした香りが好まれているようです。
◯変わったところではアフリカのジンバブエで作られている楽しいクラフト、「ジンバブエのカメレオン」。
 手作りのアートとしても注目されていますが、なによりもアフリカの感性でちりばめられたビーズがとても綺麗です。

ブログを更新しました。「似ている・・・腕足動物の化石と水草の実」(12/28)、「夜の雷雲はけっこう綺麗」(9/12)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

アンモナイト化石(1) 

1,500円

販売価格

1,500円

購入数


 化石が虹色をしているのは表面の薄い層構造に光が干渉して起きる自然の遊色効果で、ギリシャ神話の虹の女神イリスにちなんでイリデッセンス(iridescence)と呼ばれています。

 虹色の発色が鮮やかで表面の状態のよい化石を選んでいます。
 
学名/Cleoniceras besairiei
時代/白亜紀(約1.4億年〜6500万年前)
産地/Ambarimaninga,
Majunga,マダガスカル

重さ/53グラム
直径/約5.5センチ