ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

4月10日

◉ 山桜が開花しました。
  ソメイヨシノのよりも白に近い。よく見ると小さな紫のスジが入っている。派手さでは控えめですが、ほんのりとした感じがいい。
また、山桜は花の香気が淡いながらもはっきり分かる。綿飴のような・・・桜の花の香り、いいですね。
 敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山桜花 (本居宣長)・・・ひっそりとした早朝、東の空から差してきた朝日に染まった山桜のたたずまい、時間が止まってしまい言葉が出てこない。

◯グリーンのアバロン貝(オーストラリア南岸のアワビ類)、さざれ水晶、ホワイトセージ 、これら3点のセットを800円でアップしました。お買い得です。
 自然の植物の香で新登場・・・沖縄のベチバー、珍しい苔(コケ)の香オークモス 、漢方系の木香とシャクヤクと五加皮、など。

ブログを更新しました。 ◉「ジョウビタキと壺中天」(2/21 )
◉「日本の山奥にライオンがいる!」(2/14 )
◉「翡翠(ヒスイ)をなでる・・・触覚の快感」(2/6 )
◉「天の声/池波正太郎の映画論とマズローの自己超越」(12/13 )
◉「イ-16戦闘機と坂口安吾と機能美」(11/24 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

海綿の標本「ビーナスの花かご」

2,500円

販売価格

2,500円

購入数


 深海に生息する円筒形の海綿の標本。和名はカイロウドウケツ、内部が空洞でカゴのような形をしているところから英語圏では「ビーナスの花かご」と呼ばれています。
 細長いボディは、人間の髪の毛ほどの細さの繊維状ガラスで、これが織り合わされて網目状の骨格になっている。繊細な純白で美しい形状をしています。
 ビクトリア朝時代(19世紀)のイギリスでは美術品のように扱われていました。生物というよりは未来の建築物のような不思議な存在です。
 昔は、縁起物として結婚式のお祝いに贈られたりもしていました。

説明・・・カイロウドウケツ(偕老同穴、Venus' Flower Basket(ビーナスの花かご))は六放海綿綱に属する海綿の仲間である。二酸化ケイ素(ガラス質)の骨格(骨片)を持ち、ガラス海綿とも呼ばれる。その外見の美しさから、しばしば観賞用として利用される。(ウィキペディア(Wikipedia)より引用)

長さ/約25センチ
重さ/3グラム