ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

2月7日

◉ 立春になりました。毎年、香りを楽しみにしてきた蠟梅もすでに満開をすぎ、いまは梅のつぼみが膨らんできた。夕方も陽が伸びている。
 上の写真、狛江の冬枯れの林。ケヤキの大きく広がったシルエット、黒々としている。それから上向きに開いた形になっている新春の三日月。
 ゴンドラ船みたいな三日月はファンタジック。春はもうすぐですね。

◯  この間、品切れになっていたマスティック(高品質の樹脂/ギリシャ、キオス島産)が再入荷いたしました。
今回、入荷分については、特価700円/5グラムで提供いたします。マスティックは香の他にも、生産地ではいろいろな用い方をされています。
 「おすすめ商品」をご覧ください。

ブログを更新しました。 ◉「寒の銭湯、天の声、鼠小僧と世直し大明神」(1/27 )
◉「若松孝二監督と画家、岡本太郎」(10/8)
◉「野ネズミとトマト」(8/20 )

○YouTubeの雑談です・・・「脱兎とモナカのおもしろ話し」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

海綿の標本「ビーナスの花かご」

2,500円

販売価格

2,500円

購入数


 深海に生息する円筒形の海綿の標本。和名はカイロウドウケツ、内部が空洞でカゴのような形をしているところから英語圏では「ビーナスの花かご」と呼ばれています。
 細長いボディは、人間の髪の毛ほどの細さの繊維状ガラスで、これが織り合わされて網目状の骨格になっている。繊細な純白で美しい形状をしています。
 ビクトリア朝時代(19世紀)のイギリスでは美術品のように扱われていました。生物というよりは未来の建築物のような不思議な存在です。
 昔は、縁起物として結婚式のお祝いに贈られたりもしていました。

説明・・・カイロウドウケツ(偕老同穴、Venus' Flower Basket(ビーナスの花かご))は六放海綿綱に属する海綿の仲間である。二酸化ケイ素(ガラス質)の骨格(骨片)を持ち、ガラス海綿とも呼ばれる。その外見の美しさから、しばしば観賞用として利用される。(ウィキペディア(Wikipedia)より引用)

長さ/約25センチ
重さ/4.5グラム