ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月26日

◉ 朝晩、寒さを感じるようになりました。いかがお過ごしでしょうか。
  写真は、近くの林で見つけてきた秋の恵み。手前が椋(むく)の実、時計回りに榎(えのき)の実、椎(しい)の実、棗(なつめ)の実、銀杏(ぎんなん)。並べてみると、秋の色のイメージになりました。
 むくの実はなかなかの美味。独特の甘みは日本のフルーツと言ってもいいのでは・・・干し葡萄にも似ています。
 えのきの実は和菓子の餡の味。なつめの生の実は、青りんごみたいと、身近な秋を感じています。

◯グリーンのアバロン貝(オーストラリア南岸のアワビ類)、さざれ水晶、ホワイトセージ 、これら3点のセットを800円でアップしました。お買い得です。
 自然の植物の香で新登場・・・沖縄のベチバー、珍しい苔(コケ)の香オークモス 、漢方系の木香とシャクヤクと五加皮、など。

ブログを更新しました。 ◉「野ネズミとトマト」(8/20 )
◉「ちびまる子ちゃんと笑気ガス」(7/19 )
◉「朝風呂丹前長火鉢と享楽文化」(7/11 )

○YouTubeの雑談です・・・「脱兎とモナカのおもしろ話し」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

海綿の標本「ビーナスの花かご」

2,500円

販売価格

2,500円

購入数


 深海に生息する円筒形の海綿の標本。和名はカイロウドウケツ、内部が空洞でカゴのような形をしているところから英語圏では「ビーナスの花かご」と呼ばれています。
 細長いボディは、人間の髪の毛ほどの細さの繊維状ガラスで、これが織り合わされて網目状の骨格になっている。繊細な純白で美しい形状をしています。
 ビクトリア朝時代(19世紀)のイギリスでは美術品のように扱われていました。生物というよりは未来の建築物のような不思議な存在です。
 昔は、縁起物として結婚式のお祝いに贈られたりもしていました。

説明・・・カイロウドウケツ(偕老同穴、Venus' Flower Basket(ビーナスの花かご))は六放海綿綱に属する海綿の仲間である。二酸化ケイ素(ガラス質)の骨格(骨片)を持ち、ガラス海綿とも呼ばれる。その外見の美しさから、しばしば観賞用として利用される。(ウィキペディア(Wikipedia)より引用)

長さ/約25センチ
重さ/4.5グラム