ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

4月10日

◉ 山桜が開花しました。
  ソメイヨシノのよりも白に近い。よく見ると小さな紫のスジが入っている。派手さでは控えめですが、ほんのりとした感じがいい。
また、山桜は花の香気が淡いながらもはっきり分かる。綿飴のような・・・桜の花の香り、いいですね。
 敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山桜花 (本居宣長)・・・ひっそりとした早朝、東の空から差してきた朝日に染まった山桜のたたずまい、時間が止まってしまい言葉が出てこない。

◯グリーンのアバロン貝(オーストラリア南岸のアワビ類)、さざれ水晶、ホワイトセージ 、これら3点のセットを800円でアップしました。お買い得です。
 自然の植物の香で新登場・・・沖縄のベチバー、珍しい苔(コケ)の香オークモス 、漢方系の木香とシャクヤクと五加皮、など。

ブログを更新しました。 ◉「ジョウビタキと壺中天」(2/21 )
◉「日本の山奥にライオンがいる!」(2/14 )
◉「翡翠(ヒスイ)をなでる・・・触覚の快感」(2/6 )
◉「天の声/池波正太郎の映画論とマズローの自己超越」(12/13 )
◉「イ-16戦闘機と坂口安吾と機能美」(11/24 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

愛の魔法に用いる粒/カラ・ノート

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


 古来、中東のオスマントルコには、恋する人を惹きつける秘伝の調合ハーブが伝わっていました。このような愛の魔法は、中東のアラビアンナイトをはじめシエイクスピアの「真夏の夜の夢」にも、ポリネシアやブラジルなど世界各地にありました。それらは実際に用いられてきたものです。
 このカラ・ノートは中東各地のバザールを探し回り、トルコの香専門の業者さんに紹介され見つけた、現地の人々が昔から実際に用いてきた正真正銘の本物です。

 10粒(植物の種状) コルク栓の小さなガラス瓶入り。 (写真の後方の紙は、レイアウトのアラビアのおまじない言葉で品物ではありません)

用い方
1.カラ・ノートを小袋、包み紙などに入れ、2週間、肌身離さず、意中の相手を想いながら身につけます。(何粒入れるか数に決まりはありません)
2.2週間経ったら、火をおこした炭の上で、そのカラ・ノートを燃やします。