ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ドラゴンズ・ブラッド(竜血樹)

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/ソコトラ島(イエメン領)

 ソコトラ島のドラゴンズ・ブラッド(竜血樹)は、リュウケツジュ属の植物で学名をDracaena Cinnabariといいます。古来、この木の樹脂は竜血と呼ばれ、きわめて高価な貴重品でした。インド洋のアラビア半島とアフリカ大陸の間に位置するソコトラ島は他では見られない特有の植物が自生し、「世界で最も地球らしくない島」といわれています。
 ドラゴンズ・ブラッドは、キノコや傘を広げたようなユニークな形をしていることでも知られています。

 乳香、ミルラとともに、1世紀に書かれた「航海記」にドラゴンズブラッドが取引がされていた記録があり、香として焚かれてきました。また、古くから薬、ニスや接着剤、染色、インク、化粧料などにも使われてきました。
 中世には願い事をかなえたり、魔術に用いるマジカルな香として、あるいは錬金術の材料として、ヨーロッパ、アラブの国々で高い需要がありました。赤い樹脂はお願いごとや祈りを届けたいとき、他の香と合わせ、焚くとよいと言われてきました。

 古来、ドラゴンズ・ブラッドは、一度にたくさんの量を火にくべるというような方法で炊かれてきました。香をミックスして焚くときに、ドラゴンズ・ブラッドを加えると、他の香の効果を増すとも言われます。
 ドラゴンズ・ブラッドは樹脂ですが、バルサム系のトルーバルサムや乳香、ミルラなどとは異なるタイプの香りです。
 少量を焚いたときの香りは、綿飴(わたあめ)、ザクロジュースにつながる繊細な香りです。香炉で炊くとき、熱ですぐに溶け出すので、銅製の銀葉を使用することをお薦めします。