ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月3日

◯梅雨真っ最中です。6月30日の大祓の日にはホワイトセージを焚きました。浄化には、ホワイトセージと並んでパロサントもいいです。
 今年も半分すぎましたが、コロナ問題、まだ続いているようで。そんな新しい日常に対応しながら、元気にやっていきたいと思っております。

◯上の写真、公園の榎(エノキ)の大樹。エノキの樹には、よく鳥や昆虫が寄ってくる。枝葉に隠れてメジロもいました。
 苔も寄ってくるのでしょうか、幹全体をグリーンの苔が覆っている。まわりは黒々とした椎(シイ)の樹なのでひときわ目立つ。
 雨上がりの朝、水気を含んだ苔に陽が当たり、とてもきれいでした。

ブログを更新しました。「ヘリオトロープの香りと大脳タイムマシン」(7/3)、「川崎の有馬温泉 霊光泉」(6/24)、「鯖(サバ )の変性意識」(6/16)、「女竹と姫竹の食べ比べ」(5/26)、「トラフズクの鳴き声」(4/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント 香木

600円

販売価格

600円

購入数


ステイック状の香木 10 グラム
(写真は、1本8〜11グラム。それぞれサイズや色など少しずつ異なります。)

 「聖なる木」パロサントは、南米インカ帝国の時代の代表的な香でした。現代では、ペルー、エクアドル、コロンビア、ブラジルなどで、宗教的な儀式や祭りのとき盛んに焚かれています。

 また、現在、アマゾン地域のシャーマンは、浄化やヒーリング、アヤワスカなどの儀式の際、場を清める香として焚いています。パロサントの芳しい香りにひかれてよい精霊が集まり、力を貸してくれる。一方、悪い精霊は追い払われるといわれています。

 パロサントの香りは、人を審美的な世界に導くと、神話やシャーマンの歌に伝えられています。ネイティブの人々の間では、スピリチュアルな価値の高い香木です。
 火をつけた後、すぐ消しても、細く煙が立ち上り、香りが広がります。ウッディーで甘め、きりりとした香りで、壮快、晴れやかな気分をもたらします。

<使い方の例>
◆ 香木を持ち、先端の端に火をつけます。火が回ったらすぐに香木を振って火を消し、細く立ち上る煙をくゆらせ香りを楽しみます。少しの分量でも香りが出ますので、何度も使えます。 
◆ カッターなどで鉛筆のように削り、チャコールなどの火だねの上にのせます。

産地/エクアドル

☆この他、自然の植物を乾燥させたもので、そのまま香として用いることができるものとして、ホワイトセージと、スウイートグラスがあります。