ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月15日

◯秋になり日本の四季の移り変わりを感じています。高い空にいわし雲、そして夕方、暗くなるのが早くなってきました。
 「ネコジャラシ」(エノコログサ)、オヒシバ、ハナヌカススキなどイネ科の地味な雑草ですが、どこか懐かしく、ひとしお秋を感じさせてくれます。
  春からコロナ禍で異例なことばかりが続いてきましたが、そんな中でもポジティブに日常の楽しみや癒しに貢献できることはないか、そんな想いでおります。

◯上の写真・・・近くの公園に椎(シイ)の林があります。これから11月にかけてシイの実がたくさん落ちてくる。アクがないので、カラを割ってそのまま食べることもできます。松の実に似た味です。
 そこで思いついた料理・・・シイの実をフライパンで軽く炒り(炒りすぎると硬くなる)、中の実を取り出します。それと植えていたバジルの葉をバサッと採ってきて、ジュノベーゼ・パスタを作りました。これはなかなかいけます。お店で口にするよりも美味しい。
 バジルは鉢でも庭植えでも雑草みたいに増えるハーブですし、シイの実はいくらでも落ちていると、とってもリーズナブル。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「博物館のいっぴん展』」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )
◉「エノキとムクの実はおいしい/縄文文明と木の実」(9/30)
◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント 香木

600円

販売価格

600円

購入数


ステイック状の香木 10 グラム
(写真は、1本8〜11グラム。それぞれサイズや色など少しずつ異なります。)

 「聖なる木」パロサントは、南米インカ帝国の時代の代表的な香でした。現代では、ペルー、エクアドル、コロンビア、ブラジルなどで、宗教的な儀式や祭りのとき盛んに焚かれています。

 また、現在、アマゾン地域のシャーマンは、浄化やヒーリング、アヤワスカなどの儀式の際、場を清める香として焚いています。パロサントの芳しい香りにひかれてよい精霊が集まり、力を貸してくれる。一方、悪い精霊は追い払われるといわれています。

 パロサントの香りは、人を審美的な世界に導くと、神話やシャーマンの歌に伝えられています。ネイティブの人々の間では、スピリチュアルな価値の高い香木です。
 火をつけた後、すぐ消しても、細く煙が立ち上り、香りが広がります。ウッディーで甘め、きりりとした香りで、壮快、晴れやかな気分をもたらします。

<使い方の例>
◆ 香木を持ち、先端の端に火をつけます。火が回ったらすぐに香木を振って火を消し、細く立ち上る煙をくゆらせ香りを楽しみます。少しの分量でも香りが出ますので、何度も使えます。 
◆ カッターなどで鉛筆のように削り、チャコールなどの火だねの上にのせます。

産地/エクアドル

☆この他、自然の植物を乾燥させたもので、そのまま香として用いることができるものとして、ホワイトセージと、スウイートグラスがあります。