ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月26日

◉ 朝晩、寒さを感じるようになりました。いかがお過ごしでしょうか。
  写真は、近くの林で見つけてきた秋の恵み。手前が椋(むく)の実、時計回りに榎(えのき)の実、椎(しい)の実、棗(なつめ)の実、銀杏(ぎんなん)。並べてみると、秋の色のイメージになりました。
 むくの実はなかなかの美味。独特の甘みは日本のフルーツと言ってもいいのでは・・・干し葡萄にも似ています。
 えのきの実は和菓子の餡の味。なつめの生の実は、青りんごみたいと、身近な秋を感じています。

◯グリーンのアバロン貝(オーストラリア南岸のアワビ類)、さざれ水晶、ホワイトセージ 、これら3点のセットを800円でアップしました。お買い得です。
 自然の植物の香で新登場・・・沖縄のベチバー、珍しい苔(コケ)の香オークモス 、漢方系の木香とシャクヤクと五加皮、など。

ブログを更新しました。 ◉「野ネズミとトマト」(8/20 )
◉「ちびまる子ちゃんと笑気ガス」(7/19 )
◉「朝風呂丹前長火鉢と享楽文化」(7/11 )

○YouTubeの雑談です・・・「脱兎とモナカのおもしろ話し」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

植物樹脂の香 5種類セット

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


◉世界各地で香として用いられてきた植物の樹脂を5種類集めました。100%ナチュラル/自然の香りです。

■ 植物の樹脂は、美しい宝石のように見えるものもあります。どの樹脂も熱を加えるとすばらしい香りを発します。

■ これら樹脂の香は、燃焼温度よりも低い温度で加熱することで、植物の香りが純粋に引き出されます。香を焚く用具の銀葉を付けました。
 すり鉢や乳鉢、グラインダーで樹脂を粉にして、ブレンドするとオリジナルな香が作れます。

樹脂の香 5種類の内容(各2グラム・銀葉1枚)
フランキンセンス(乳香/スーダン産) ミルラ(没薬/ケニア産) ゴールド・コパル(メキシコ産) ルーバン・ジャウィ(インドネシア産) エレミ(フィリピン産)

フランキンセンス/ ヨーロッパ、アラビア半島、西アジア、北アフリカを代表する香。聖書にはミルラ、黄金と共にキリスト生誕の贈りものと記されています。砂漠・乾燥地帯に育つ乳香樹の幹から出る樹脂を集めて乾燥させたもの。加熱するとバルサム系をベースに爽やかで仄かに甘い柑橘類を想わせる香り。

ミルラ/ フランキンセンスと並び古代オリエントの時代から焚かれてきた代表的な香。ピラミッドのミイラの語源にも。アフリカ原産のカンラン科の木の樹脂。ビターで清潔感のある、酸味と甘みの混じりあったバルサム系の香り。

バルサム・ファー/ マツ科の常緑針葉樹、樅(モミ)の木ーークリスマスツリーの木として知られますが、その樹脂はとても爽やかな香りです。清潔感のある香りから古来、香としても用いられてきました。。

ルーバン・ジャウィ/ 東南アジア原産の樹脂、日本では安息香と呼ばれてきた。古くはエジプトまで運ばれ焚かれてきました。現在もアラビア半島諸国で好まれている。バニラ様の甘いバルサミックな香り。

エレミ/ 東南アジア原産の樹脂。石鹸や化粧品の天然素材の香りづけにも用いられてきました。 ヨーロッパのインセンス(香)愛好家によって香として再発見される。レモンのようなさわやかな清潔感のある香り。