ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

11月11日

◉写真は、近所の公園で見つけた雀鷹(ツミ)の羽。小型の鷹です。椎(シイ)の実を拾っていたとき見つけました。
 特徴のある鷹の羽紋がついている。ツミは都会の公園の林にも巣を作っています。

 椎の実は、けっこう美味しい。今回、ブログに書きました。下にリンクしました。  

◉10月、最高品質のフランキンセンス(乳香)・グリーンホジャリが入荷しました。今回、期間限定で特価500円(5g)で提供いたします。11月末まで。
 樹脂に指で触るとミントとレモンの混じり合った匂いするのが分かります。また、普通のフランキンセンス と異なるグリーンっぽい色です。
 また、鉱物で10月の誕生石グリーントルマリンもお勧めです。
 「2021年秋のセール」、または巻頭の「おすすめ商品」からも探せます。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「イ-16戦闘機と坂口安吾と機能美」(11/24 )
◉「椎の実(しいのみ)を食べる」(11/5 )
◉「ふたつの謎の塔と戦後モダニズム建築」(10/22 )
◉「風の快感」(10/5 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ウード・アレージ(伽羅のバラ精油漬け)

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


 ドバイの香の店で見つけた香木の伽羅(きゃら)に薔薇(ばら)の精油などを含ませた一品です。アラビアでは香の店や各家庭ごとに、独自のレシピーでブレンドした香りを作っています。
 アラビア語でウードは伽羅、アレージは花という意味で、香木に薔薇や何種かの花の香りを漬けこんで作られています。
 かの地では、祝い事、ちょっとした催し、パーティ、結婚式などの席で、花瓶のようなサイズの香炉に入れた炭の上に、これらの香をふんだんにくべて香りを楽しみます。
 高価な伽羅を直に炊くことが贅を尽くしたもてなしの証と見なされています。サウジアラビア、イエメン、カタール、ドバイなどアラビアの香文化では、伽羅を珍重してきました。

 アラビアでは伝統的な文化が現代の日常生活にも息づいており、強く濃密な香りが好まれています。
 このウード・アレージもゴージャスで華やかな香りです。伽羅の香りと薔薇の香りが渾然一体となった至福の香りを体感してみてください。
 ナチュラルインセンスの香として聞香炉で炊く場合、1グラムの20分の1=0.05グラムぐらいの小片でも十分、香りを楽しめます。
 写真は、ふたつ合わせて計1グラム。長さ約2.5〜3センチです。
 
部位/香木(伽羅)片に薔薇などの精油に含ませたもの
重さ/1 グラム