ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月16日

 ◯季節は立夏に入り、七十二候では「竹笋生(たけのこしょうず)」、タケノコの出てくる頃になりました。すでに店先にタケノコ、並んでますので、口にされた方も多いかと思います。
 こちらの地元では、経堂と豪徳寺の間の住宅街にタケノコの直売をしている農家があり、今年もいただきました。天ぷらや味噌汁に入れても美味しいです。

 ◯上の写真は、「ツミ」という鷹の羽根。近年、都市部でも巣を作るようになっているようです。地元の若林公園でクロマツの枝にいるツミを眺めていたら、舞い落ちてきました。この話し、ブログに書きました。

ブログを更新しました。「雀鷹(ツミ)の声、海馬(トド)の匂い」(5/15)、「手塚治虫さんの3つの夢」(3/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ウード・アレージ(伽羅のバラ精油漬け)

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


 ドバイの香の店で見つけた香木の伽羅(きゃら)に薔薇(ばら)の精油などを含ませた一品です。アラビアでは香の店や各家庭ごとに、独自のレシピーでブレンドした香りを作っています。
 アラビア語でウードは伽羅、アレージは花という意味で、香木に薔薇や何種かの花の香りを漬けこんで作られています。
 かの地では、祝い事、ちょっとした催し、パーティ、結婚式などの席で、花瓶のようなサイズの香炉に入れた炭の上に、これらの香をふんだんにくべて香りを楽しみます。
 高価な伽羅を直に炊くことが贅を尽くしたもてなしの証と見なされています。サウジアラビア、イエメン、カタール、ドバイなどアラビアの香文化では、伽羅を珍重してきました。

 アラビアでは伝統的な文化が現代の日常生活にも息づいており、強く濃密な香りが好まれています。
 このウード・アレージもゴージャスで華やかな香りです。伽羅の香りと薔薇の香りが渾然一体となった至福の香りを体感してみてください。
 ナチュラルインセンスの香として聞香炉で炊く場合、1グラムの20分の1=0.05グラムぐらいの小片でも十分、香りを楽しめます。
 写真は、ふたつ合わせて計1グラム。長さ約2.5〜3センチです。
 
部位/香木(伽羅)片に薔薇などの精油に含ませたもの
重さ/1 グラム