ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

9月9日

◯虫の声を聴くようになりました。いかがお過ごしでしょうか。 酷暑の夏、それに台風とこのところ天気のニュースから目が離せません。

◯アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)が新入荷いたしました。
 またインセンスでは8月にチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなどがアップされております。
 ヤマクニブー( 和名:モロコシソウ)は沖縄の伝統的な香りのハーブで、現在では栽培農家が少なくなっており、希少なインセンスです。

◯上の写真は、榎(エノキ)の実。8月下旬からエノキの高木の下に小さな赤い実が落ちています。この実は、そのまま食べることができ、今年も口にしました。
 ほんのりと甘く、不思議なことにアンコの味がして美味しい。お饅頭やたい焼きの、あのアンコの味。
 ただし小さすぎて(測りましたら直径6ミリほど)、食用にはなっていないようです。里山、林、公園、どこにでもある樹木ですので、一度、トライしても楽しいです。

ブログを更新しました。 ◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)
◉「ボディランゲージだけの「会話」」」(9/3)
◉「宝蔵門と浅草メリーさん」」(8/16)
◉「浅草寺仁王門のかな輪」」(8/4)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ウード・アレージ(伽羅のバラ精油漬け)

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


 ドバイの香の店で見つけた香木の伽羅(きゃら)に薔薇(ばら)の精油などを含ませた一品です。アラビアでは香の店や各家庭ごとに、独自のレシピーでブレンドした香りを作っています。
 アラビア語でウードは伽羅、アレージは花という意味で、香木に薔薇や何種かの花の香りを漬けこんで作られています。
 かの地では、祝い事、ちょっとした催し、パーティ、結婚式などの席で、花瓶のようなサイズの香炉に入れた炭の上に、これらの香をふんだんにくべて香りを楽しみます。
 高価な伽羅を直に炊くことが贅を尽くしたもてなしの証と見なされています。サウジアラビア、イエメン、カタール、ドバイなどアラビアの香文化では、伽羅を珍重してきました。

 アラビアでは伝統的な文化が現代の日常生活にも息づいており、強く濃密な香りが好まれています。
 このウード・アレージもゴージャスで華やかな香りです。伽羅の香りと薔薇の香りが渾然一体となった至福の香りを体感してみてください。
 ナチュラルインセンスの香として聞香炉で炊く場合、1グラムの20分の1=0.05グラムぐらいの小片でも十分、香りを楽しめます。
 写真は、ふたつ合わせて計1グラム。長さ約2.5〜3センチです。
 
部位/香木(伽羅)片に薔薇などの精油に含ませたもの
重さ/1 グラム