ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

イエメンの香炉

8,200円

販売価格

8,200円

購入数


古代から乳香の産地として有名なオマーンのサラーラにある乳香市場で仕入れた香炉。これはイエメンで作られオマーンに輸入された香炉です。 現地では、ポピュラーで日常的によく使われている品です。
本体は、 木製(白木)、火皿部分は金属板が貼られています。現地では、火皿の中におこした炭を入れ、その上に乳香やミルラ、伽羅(きゃら)、練香などをのせて香りを出します。
現地の人の説明では、この香炉は丈夫に出来ていて、 100 年経っても使えるとのことです。
把っ手(ハンドル)がついていて、香炉を持って移動することができます。
日本の香道の焚き方と比べると、ずいぶんワイルドですが、広い部屋や屋外で香を焚く中東の文化に由来しているとも言えます。
この香炉でしたら、野外の催し、イベントのときに、好みの香を焚くことも出来ます。
また、手作りの木の香炉ですので、長く使っていると、木質の味わいが出てきて、それも魅力になっています。
中東の製品一般について言えることですが、日本の製品に比べ、作りは大雑把で、精緻ではありません。彫り物や金属板の加工は、現地の人の手作りといった感じです。日本の製品とは異なることをご理解ください。

高さ約 16センチ。重さ370グラム。火皿部分は、約7センチ四方、深さ約2.5センチ。