ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月3日

◯梅雨真っ最中です。6月30日の大祓の日にはホワイトセージを焚きました。浄化には、ホワイトセージと並んでパロサントもいいです。
 今年も半分すぎましたが、コロナ問題、まだ続いているようで。そんな新しい日常に対応しながら、元気にやっていきたいと思っております。

◯上の写真、公園の榎(エノキ)の大樹。エノキの樹には、よく鳥や昆虫が寄ってくる。枝葉に隠れてメジロもいました。
 苔も寄ってくるのでしょうか、幹全体をグリーンの苔が覆っている。まわりは黒々とした椎(シイ)の樹なのでひときわ目立つ。
 雨上がりの朝、水気を含んだ苔に陽が当たり、とてもきれいでした。

ブログを更新しました。「ヘリオトロープの香りと大脳タイムマシン」(7/3)、「川崎の有馬温泉 霊光泉」(6/24)、「鯖(サバ )の変性意識」(6/16)、「女竹と姫竹の食べ比べ」(5/26)、「トラフズクの鳴き声」(4/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

糞尿博士・世界を行く

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


1960年代、世界各国の糞尿事情についての見聞エッセイ。著者は微小藻類の研究者。

長期間の宇宙旅行のために人体排泄物によってクロレラを培養した食料自給システムを発案して、ロシア(当時はソ連)の科学者に提案しています。また、将来の食糧危機を見すえて糞尿ー食料循環系の計画もしていました。

「この本で、わたしがいいたいことは、人間は馬鹿に徹すれば人生のみちが開ける、ということである。」(あとがき)。

経年変化によって本の背が若干、曲がっていますが、破損、ページの破れなどはありません。

(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.糞尿博士・世界を行く
2.中村浩
3.昭和46年(1971年)
4.広済堂出版
5.300ページ
6..四六判、並製
7.490円