ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

1月6日

 2021年、本年もよろしくお願いいたします。
 日本も世界もあの件(言葉に出すのがちょっと)が続いていますが、こういうときだからこそ、ポジティブに新しいことにチャレンジしていきたいと思っております。
 上の写真は、浅草神社三者様の奥に鎮座している被官稲荷。出歩くのを避け、以前、撮った一枚です。ネコくんがしっかりお守りしていました。
 そういえば、この間、「ネコのオモチャ」も好評で、人間はネコくんやイヌくん、それだけじゃなく動物、鳥、魚、植物の癒しパワーにずいぶん助けられているな、と感じています。

 1月といえば、蝋梅(ろうばい)の花の香り。毎年、スウィートな香りに癒されます。今朝、つぼみが膨らんでいて、もうすぐ開花するようです。

◯この間、香り関係や、面白いものちょっと変わったもの関係などの新商品もあり、ご関心を持っていただきありがとうございました。
 お問い合わせも、ショップのメール、それに電話もいただきました。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「今年、いちばんのキレイ&いちばんのビックリ」(12/29 )
◉「イランの小さな庭」(12/14 )
◉「博物館のいっぴん展」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

糞尿博士・世界を行く

1,200円

販売価格

1,200円

購入数


1960年代、世界各国の糞尿事情についての見聞エッセイ。著者は微小藻類の研究者。

長期間の宇宙旅行のために人体排泄物によってクロレラを培養した食料自給システムを発案して、ロシア(当時はソ連)の科学者に提案しています。また、将来の食糧危機を見すえて糞尿ー食料循環系の計画もしていました。

「この本で、わたしがいいたいことは、人間は馬鹿に徹すれば人生のみちが開ける、ということである。」(あとがき)。

経年変化によって本の背が若干、曲がっていますが、破損、ページの破れなどはありません。

(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.糞尿博士・世界を行く
2.中村浩
3.昭和46年(1971年)
4.広済堂出版
5.300ページ
6..四六判、並製
7.490円