ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

1月9日

本年もよろしくお願いいたします。
・インターネットの接続工事は完了いたしました。またメールアドレスの変更は近日中ということで、 改めてお知らせいたします。

◉商品についてのご質問、ご注文など電話、FAXでも対応いたしております。電話・ファックス兼用で 03-3706-6885です。
電話は、午前11時から午後8時頃まで(それ以降は留守電になります)。FAXは24時間となっております。

・1月15 日(火)、12月 16 日(水)の二日間、世田谷ボロ市に出店いまします。大寒も近い寒いときに行われるのですが、地元ではそれもまた季節の風物詩として馴染まれています。詳しくは左のinformationをご覧ください。

・上の写真、冬晴れの朝、蠟梅(ロウバイ)が開花しました。
名前に「梅」という字が入っていますが、梅とは別種の灌木で、蝋細工のような半透明の花弁と、ほのかに甘く冷んやりとした香りが魅力的。毎年、この香りを聞くと、新しい年が始まったという気持ちになります。

ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

オマーンの香炉(小)SOLD OUT

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


古代から乳香の産地として有名なオマーンのドファール地方の香炉(テラコッタ製)です。
 オマーン西部の中心地、サラーラにある乳香スーク(市場)で購入しました。上部が要塞のような独特な造形をしているという特徴があります。ドファール地方の女性たちが世代から世代へと伝えてきた伝統的な品で、現地ではポピュラーで日常的によく使われている香炉です。

コーヒーカップのように把っ手(ハンドル)がついていて、香炉を焚きながら持ち歩けます。広い部屋や屋外で香を焚く中東の文化に由来しているスタイルと言えましょう。野外の催し、イベントのときに、好みの香を焚くことも出来ます。

素朴な作りです。素焼きなので、丁寧にお取り扱いください。

 <使い方> 上部に灰や砂を置き、その上に火を起こした炭(チャコール)をのせます。炭が赤くなってきたら、フランキンセンスなどの香をのせます。屋内では、あまり量をたくさんのせると煙が出過ぎて、警報機が鳴る恐れがあります。下の空洞は香炉が熱くなりすぎないように設けてあります。

高さ6.5センチ。重さ138グラム。火皿部分は、約4.5センチ四方、深さ約2.5センチ。