ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

スウィート・グラス

600円

販売価格

600円

購入数


部位:草
重量:4g 長さ:20センチ
産地:ポーランド

・乾燥させたスウィート・グラスの葉を三つ編みにして麻糸で束ねました。そのままの状態で、焚いて香りを楽しむことができます。ホワイトセージやパロサントの香木と同じ、シンプルで簡単に香りを楽しめます。炭や灰、香炉などはいりません。

ネイティブ・アメリカンはスウィート・グラス を「聖なる草」と呼び儀式に用いられます。イネ科の植物で、甘い干し草のような香りはをリラックスへと誘います。
アメリカ、カナダのネイティブの人々は、浄化や清めの香として用いてきました。
北ヨーロッパでは、聖人の日に教会の前にスウィート・グラスを撒く習わしがありました。ポーランドの有名なお酒、ズブロッカの香りつけにも使われています。

< スピリチュアル>
守護 祈り サイキックなパワー