ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

スウィート・グラス(バンドル) SOLD OUT

600円

販売価格

600円

購入数


(品切れ/2018 年4 月、近日入荷予定)

部位:草
重量:5g
産地:ポーランド

・乾燥させたスウィート・グラスの葉を麻糸で束ねました。そのままの状態で、焚いて香りを楽しむことができます。

ネイティブ・アメリカンはスウィート・グラス を「聖なる草」と呼び儀式に用いられます。イネ科の植物で、甘い干し草のような香りはをリラックスへと誘います。
アメリカ、カナダのネイティブの人々は、浄化や清めの香として用いてきました。
北ヨーロッパでは、聖人の日に教会の前にスウィート・グラスを撒く習わしがありました。ポーランドの有名なお酒、ズブロッカの香りつけにも使われています。

< スピリチュアル>
守護 祈り サイキックなパワー