ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月16日

 ◯季節は立夏に入り、七十二候では「竹笋生(たけのこしょうず)」、タケノコの出てくる頃になりました。すでに店先にタケノコ、並んでますので、口にされた方も多いかと思います。
 こちらの地元では、経堂と豪徳寺の間の住宅街にタケノコの直売をしている農家があり、今年もいただきました。天ぷらや味噌汁に入れても美味しいです。

 ◯上の写真は、「ツミ」という鷹の羽根。近年、都市部でも巣を作るようになっているようです。地元の若林公園でクロマツの枝にいるツミを眺めていたら、舞い落ちてきました。この話し、ブログに書きました。

ブログを更新しました。「雀鷹(ツミ)の声、海馬(トド)の匂い」(5/15)、「手塚治虫さんの3つの夢」(3/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

フランキンセンス(乳香) <オマーン産>

600円

販売価格

600円

購入数


部位:樹脂
重量:10g
産地:オマーン

古代オリエント、エジプト、ギリシア、ローマなどで古くから神に捧げられてきた代表的な香。シトラス調のフルーティで、バルサミックな香りは、黄金と同じぐらい価値のあるものでした。瞑想や祈りに欠かせない香です。
☆浄化 守護 スピリチュアリティ 聖化 祈り 魔除け

 オマーンはとても質のよいフランキンセンスを産出することで知られています。オマーンの人々はお祝いごとなどの儀礼はもとより、日々の暮らしに香りを多用します。その代表がフランキンセンスです。公共の建物をはじめとしてさまざまな場所におかれた大きな香炉で焚かれた香りが街に満ち満ちています。 
 アラビア半島の南海岸にあったとされる伝説のシバの女王の国 、そしてその対岸のソマリアが古代の乳香と没薬の産地でした。ここから運びだされた乳香は古代オリエント、エジプト、ギリシア、ローマで香として尊ばれ、神に捧げられてきました。
 キリストが生誕したとき、東方の3人の博士が「乳香と没薬と金」を捧げたと聖書にあります。乳香は神、没薬は救世主、金は王の象徴です。紀元前600年頃にイラン東北部で生まれたゾロアスター教にも似た逸話があります。古代エジプトでは、日に三回、香が捧げられたが、乳香は日の出とともに太陽神ラーに捧げられました。
 甘く、慈愛に満ちたフランキンセンスの香りは、心に落ち着きをもたらし、深い瞑想状態に導くその香りは、古来より瞑想や祈りに欠かせないものでした。