ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

『オルタード・ディメンション』 9号

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


今号はアヤワスカの特集です。アヤワスカは古くからアマゾン川流域地帯を中心にシャーマニズムの中で用いられてきたサイケデリクス飲料です。本誌では文化人類学者、植物採集者、精神科医、元シャーマン、実験化学者などの多彩な人々が探求したアヤワスカの記事を収録しました。まとまった形でこのような内容が発表されるのは日本では初めてではないかと思います。
 その他、サイケデリクスに関心をもつ欧米の人々の間では、精緻な研究で知られるジョナサン・オットが本誌に寄せてくれた日本民話に登場するキノコの話など、充実した誌面になりました。そのほかには麻生結の大麻の意識、および5Meo−DMT体験の考察など読み応えのある内容となっています。

(72ページ

特集●アヤワスカ ペルー先住民シピボのシャーマニズムを訪ねて---ペルーアマゾン聖霊の葉(蛭川 立)/アヤワスカをもとめた旅(ボリス)/アヤワスカとシャーマンの世界(パブロ・アマリンゴ)/アレテイア(真実)の世界---アヤワスカ体験の考察(オスカー・リオス)/合成DMTおよびインドール系サイケデリクスを強化する3種類のベータカルボリン含有植物---A NOTE FROM UNDERGOUND(グレーシー・アンド・ザルコフ)/舞茸とテングタケ---日本民話に登場するエンセオジェニック・マッシュルーム(ジョナサン・オット)/マジック・ストーン物語---シロシベ・タンパネンシス(京堂 健)/不思議茸の思い出(原 雅子)/大麻の変性意識について---ひとつのことに夢中になる/ストーンの意識レベル/ソーシャル・ドラッグ/ラーマクリシュナ(麻生 結)/5MEO-DMTの世界---「マトリックス」と唯識/ シャンバラと次元航行機/ 死後の意識/「梵我一如」体験(麻生 結)