ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月17日

○今月の「香の会」は 5月 31 日(水)になりました。場所、時間などは、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで夜 7 時から。詳しくは「お知らせ」をご覧下さい。

○先日、益子(栃木県)の陶芸祭りにいってきました。すごい人出でびっくりしましたが、会場エリアの真ん中に、巨大なタヌキの像があるのにもびっくり。びっくりついでに、会場に向かう途中、一休みした関宿の河川敷で、大タヌキを見ました。最初はカモシカかと思ったぐらいの巨体で、もしかしたら UMA かも、でしもそんな動物がここで昼寝してるわけもないし、と未だによく分かりません。

4月6日
○次回の「香の会」は 4 月 27 日(木)になりました。場所、時間などは、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで夜 7 時から。詳しくは「お知らせ」をご覧下さい。

3月9日
 「香の会」の日程が決まりました。3月 23 日、木曜日の夜、いつもと同じ新宿のカフェで開催します。春にちなんで梅と桜の香りをテーマにしてみました。昨年、焚いて好評だった梅や桜の樹脂を焚いてみます。

ブログです。「街歩きと巨樹」「 ジャワ島の女神」

RSS ATOM

秘密箱(ひみつばこ)

3,000円

販売価格

3,000円

購入数


 「秘密箱」とは、パズルのようなからくり構造が組み込まれていて、特別な操作をしないと開けられない箱です。箱の特定の部分、面を順序よく押したり引いたりしないと開けられません。
  もともと秘密箱の起源は西洋で、貴重品や宝石などを泥棒に盗まれないために考案されたといわれています。日本では明治時代に箱根で作られはじめました。
  この秘密箱は、江戸時代から箱根の地に伝わっていた寄木細工と指物の技法を取り入れて作られています。寄木細工の精巧な装飾は、動く部分の継ぎ目を隠す役割もしています。
  木の文化の国、日本が生んだ手作りの伝統工芸品です
  ・人に見られたくない手紙やメモをしまっておくときに。
  ・貴重品やアクセサリー、パワーストーンなど大切なものをしまっておくときに。
  ・鍵をかけるのは野暮(やぼ)、無粋(ぶすい)だという方に。あるいは鍵をすぐになくしてしまう方に。
  ・あなたのアイデア次第でいろいろな使い方ができます。
  ・「秘密」という言葉が大好きな人にもぴったりです。
  ・寄木細工の精緻な装飾文様が施されている箱は伝統工芸品としても価値があります。
本品は、箱を開けるのに7回の動作を行います(とても滑らかに動くので力はいりません)。開け方の図が付いているで、その手順を憶えれば、誰でも簡単に開けられます。

秘密箱(7回開き)・・・・ 面の一部を7回動かすと箱が開きます。
左右11.5cm、幅8cm、高さ5.3cm/重量145グラム