ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月16日

 ◯季節は立夏に入り、七十二候では「竹笋生(たけのこしょうず)」、タケノコの出てくる頃になりました。すでに店先にタケノコ、並んでますので、口にされた方も多いかと思います。
 こちらの地元では、経堂と豪徳寺の間の住宅街にタケノコの直売をしている農家があり、今年もいただきました。天ぷらや味噌汁に入れても美味しいです。

 ◯上の写真は、「ツミ」という鷹の羽根。近年、都市部でも巣を作るようになっているようです。地元の若林公園でクロマツの枝にいるツミを眺めていたら、舞い落ちてきました。この話し、ブログに書きました。

ブログを更新しました。「雀鷹(ツミ)の声、海馬(トド)の匂い」(5/15)、「手塚治虫さんの3つの夢」(3/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

UFOマグネット

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


長さ4.5センチの長細いラグビーボールのような形をした金属の塊が2個。ペアになっていて、磁性でくっついています。葉巻型UFOに似た形? たぶん、誰も何に使うものか見当がつかないはずです。
これはなんとも言葉にできない変なもの。一応、音のするオモチャの一種です。

◯写真2枚目・・・1951年3月5日、有名なUFO研究家のアダムスキーが撮影した金星の宇宙母船の写真。ここで紹介しているUFOマグネットの写真そっくり。
◯写真3枚目・・・アメリカのUFO研究家ステックリングの描いたスペース・ブラザーズ(ビジター/宇宙人)との挨拶の仕方(自筆)。宇宙の兄弟愛のシンボルと説明されている。影絵遊びのカニの手つきのようでもある。UFOマグネットを持つときの手の形がちょうど同じだったので紹介しました。

【遊び方】
遊び方は、簡単。2個を数センチ離して、手の平に乗せ、指で押さえます。そして、上に放ります。それほど難しい技術はいりません。だれでも2〜3回でコツがつかめます。
すると、空中で引き寄せられ、くつつき奇妙な音を発します。セミのような、ガラガラヘビのような、振動音のような音です。空中にいる間だけ音を発しています。落下してきたとき手でキヤッチします。

【こんな楽しみ方】 
●まず、友だちや周りの人に見てもらい、これが何なのか? 目的、用途を当ててもらう、謎解きみたいな楽しみがあります。
●その後、空中に放って奇妙な音を聴いてみましょう。離ればなれの物体が空中でくっつき、空中にいるときだけ音を発する。常識を外れた発想のおかしさに包まれるはずです。