ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月4日

 紫陽花(あじさい)の花が咲きはじめました。水彩絵具のような青紫色がとてもきれいです。日に日に色が変わっていく。
 雨上がりの朝、花や葉についた水滴に陽があたり、キラキラ輝いていました。
 最近は、いろいろな品種の紫陽花を見かけるようになり、それを愛でるのも梅雨の季節ならではの楽しみです。

  ◉この間、品切れになっていた最高品質のフランキンセンス(乳香)・グリーンホジャリが入荷しました。2020年に採取された稀少品のインセンスです。
 樹脂に指で触るとミントとレモンの混じり合った匂いするのが分かります。また、普通のフランキンセンス と異なるグリーンっぽい色です。
 巻頭の「おすすめ商品」からも探せます。

◯この間、香り関係や、面白いものちょっと変わったもの関係などの新商品もあり、ご関心を持っていただきありがとうございました。
 お問い合わせも、ショップのメール、それに電話もいただきました。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「芳村正乗の書、西郷と明治天皇、 宮古島のパルダマ」(5/26)
◉「都会のタヌキ/そこらへんの草のイタドリ/多頭飼育崩壊とシャーマニズム」(4/16 )
◉「チベットの「犬葬」/犬の知性とソラリスの海」(3/16 )
◉「富士山と貧乏飯と飯場料理」(2/14 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

古書 「香辛料」 SOLD OUT

3,000円

販売価格

3,000円

購入数


大正時代、初めて食べたカレーライスに感動し、香辛料とカレーについてゼロから独学で調べ、試行錯誤の末、日本オリジナルのカレー生み出した山崎峯次郎氏の研究ノートを一般向きにまとめた本。香辛料の歴史にも関心を持っていました。非売品の本です。

著者、山崎峯次郎氏について・・・「エスビー食品の創業者。日本で初めて純国産のカレー粉の製造に成功し、1923年(大正12年)4月5日、浅草七軒町にエスビー食品の前身、『日賀志屋』を創業しました。 1903年(明治36年)6月11日、埼玉県・葛飾郡金杉村に生まれ、17才の時上京しソース屋に勤めました。
その頃出会ったカレーライスに衝撃を受け、自らカレーライスの基本になるカレー粉の製造に没頭することになります。数々の辛酸の後、日本で初めてカレー粉の製造に成功しました。」(エスビー食品社史より)


(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.香辛料
2.山崎峯次郎
3.昭和33年(1958年)
4.印刷人 山田三郎太
5.322ページ
6. 四六判、上製
7.非売品