ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月15日

◯秋になり日本の四季の移り変わりを感じています。高い空にいわし雲、そして夕方、暗くなるのが早くなってきました。
 「ネコジャラシ」(エノコログサ)、オヒシバ、ハナヌカススキなどイネ科の地味な雑草ですが、どこか懐かしく、ひとしお秋を感じさせてくれます。
  春からコロナ禍で異例なことばかりが続いてきましたが、そんな中でもポジティブに日常の楽しみや癒しに貢献できることはないか、そんな想いでおります。

◯上の写真・・・近くの公園に椎(シイ)の林があります。これから11月にかけてシイの実がたくさん落ちてくる。アクがないので、カラを割ってそのまま食べることもできます。松の実に似た味です。
 そこで思いついた料理・・・シイの実をフライパンで軽く炒り(炒りすぎると硬くなる)、中の実を取り出します。それと植えていたバジルの葉をバサッと採ってきて、ジュノベーゼ・パスタを作りました。これはなかなかいけます。お店で口にするよりも美味しい。
 バジルは鉢でも庭植えでも雑草みたいに増えるハーブですし、シイの実はいくらでも落ちていると、とってもリーズナブル。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「博物館のいっぴん展』」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )
◉「エノキとムクの実はおいしい/縄文文明と木の実」(9/30)
◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

香辛料

3,000円

販売価格

3,000円

購入数


大正時代、初めて食べたカレーライスに感動し、香辛料とカレーについてゼロから独学で調べ、試行錯誤の末、日本オリジナルのカレー生み出した山崎峯次郎氏の研究ノートを一般向きにまとめた本。香辛料の歴史にも関心を持っていました。非売品の本です。

著者、山崎峯次郎氏について・・・「エスビー食品の創業者。日本で初めて純国産のカレー粉の製造に成功し、1923年(大正12年)4月5日、浅草七軒町にエスビー食品の前身、『日賀志屋』を創業しました。 1903年(明治36年)6月11日、埼玉県・葛飾郡金杉村に生まれ、17才の時上京しソース屋に勤めました。
その頃出会ったカレーライスに衝撃を受け、自らカレーライスの基本になるカレー粉の製造に没頭することになります。数々の辛酸の後、日本で初めてカレー粉の製造に成功しました。」(エスビー食品社史より)


(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.香辛料
2.山崎峯次郎
3.昭和33年(1958年)
4.印刷人 山田三郎太
5.322ページ
6. 四六判、上製
7.非売品