ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月3日

◯梅雨真っ最中です。6月30日の大祓の日にはホワイトセージを焚きました。浄化には、ホワイトセージと並んでパロサントもいいです。
 今年も半分すぎましたが、コロナ問題、まだ続いているようで。そんな新しい日常に対応しながら、元気にやっていきたいと思っております。

◯上の写真、公園の榎(エノキ)の大樹。エノキの樹には、よく鳥や昆虫が寄ってくる。枝葉に隠れてメジロもいました。
 苔も寄ってくるのでしょうか、幹全体をグリーンの苔が覆っている。まわりは黒々とした椎(シイ)の樹なのでひときわ目立つ。
 雨上がりの朝、水気を含んだ苔に陽が当たり、とてもきれいでした。

ブログを更新しました。「ヘリオトロープの香りと大脳タイムマシン」(7/3)、「川崎の有馬温泉 霊光泉」(6/24)、「鯖(サバ )の変性意識」(6/16)、「女竹と姫竹の食べ比べ」(5/26)、「トラフズクの鳴き声」(4/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント(100年物古木) (4) 香木

2,000円

販売価格

2,000円

購入数


 ペルー北西部のコラレス・ツンベスで見つかった自然に朽ちて倒れたパロサントの古木。樹齢 110 年と推定されています。コラレス・ツンベスは、エクアドル国境に近いアマゾン地域にあります。
 住民の祈りの儀式の後、香木としてカットされました。このパロサントは、そのひとつです。香りの油脂成分がたくさん含まれているので、木質が密で、手で持つと普通のパロサントに比べ重めです。パロサントの表面からも特徴ある爽やかな香りが濃密にします。
重量:21グラム
長さ: 10センチ