ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

1月6日

 2021年、本年もよろしくお願いいたします。
 日本も世界もあの件(言葉に出すのがちょっと)が続いていますが、こういうときだからこそ、ポジティブに新しいことにチャレンジしていきたいと思っております。
 上の写真は、浅草神社三者様の奥に鎮座している被官稲荷。出歩くのを避け、以前、撮った一枚です。ネコくんがしっかりお守りしていました。
 そういえば、この間、「ネコのオモチャ」も好評で、人間はネコくんやイヌくん、それだけじゃなく動物、鳥、魚、植物の癒しパワーにずいぶん助けられているな、と感じています。

 1月といえば、蝋梅(ろうばい)の花の香り。毎年、スウィートな香りに癒されます。今朝、つぼみが膨らんでいて、もうすぐ開花するようです。

◯この間、香り関係や、面白いものちょっと変わったもの関係などの新商品もあり、ご関心を持っていただきありがとうございました。
 お問い合わせも、ショップのメール、それに電話もいただきました。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「今年、いちばんのキレイ&いちばんのビックリ」(12/29 )
◉「イランの小さな庭」(12/14 )
◉「博物館のいっぴん展」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

日本のミチューリン農法/日本農民のヤロビ農法 計2冊

6,000円

販売価格

6,000円

購入数


ミチューリン農法とは、 作物を温度処理によってその性質を変えて、品質、収量を高める農法。ヤロビ農法という呼び方もある。
ソ連(ロシア)で提唱された農法で、1950年代に日本でもイネ、ムギをはじめ野菜の栽培でも実践された。その後、ミチューリン農法は廃れ、現在では、忘れ去られた存在になっている。

ミチューリン農法の概要、理論と当時、日本でどのような試行錯誤がなされていたかを知るための資料で、現存する数少ない二冊です。

(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

写真・左
1.日本のミチューリン農法
2.吉岡金市、高島米吉
3.1954年
4.青銅社
5.311ページ
6. 四六判、並製
7.300円

写真・右
1.日本農民のヤロビ農法
2.菊池謙一編著
3.1954年
4.蒼樹社
5.242ページ
6. 四六判、並製
7.190円