ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

1月6日

 2021年、本年もよろしくお願いいたします。
 日本も世界もあの件(言葉に出すのがちょっと)が続いていますが、こういうときだからこそ、ポジティブに新しいことにチャレンジしていきたいと思っております。
 上の写真は、浅草神社三者様の奥に鎮座している被官稲荷。出歩くのを避け、以前、撮った一枚です。ネコくんがしっかりお守りしていました。
 そういえば、この間、「ネコのオモチャ」も好評で、人間はネコくんやイヌくん、それだけじゃなく動物、鳥、魚、植物の癒しパワーにずいぶん助けられているな、と感じています。

 1月といえば、蝋梅(ろうばい)の花の香り。毎年、スウィートな香りに癒されます。今朝、つぼみが膨らんでいて、もうすぐ開花するようです。

◯この間、香り関係や、面白いものちょっと変わったもの関係などの新商品もあり、ご関心を持っていただきありがとうございました。
 お問い合わせも、ショップのメール、それに電話もいただきました。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「今年、いちばんのキレイ&いちばんのビックリ」(12/29 )
◉「イランの小さな庭」(12/14 )
◉「博物館のいっぴん展」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

孤独なライフワーク

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


タイトルは「孤独なライフワーク」となっていますが、ポジティブに、また、いちずに研究、家業、趣味に生きている14人を紹介した本です。どの人も普通人の目には、ちょっと変わった、ユニークなテーマを追求しているのが面白い。

1960年代の本ですが、日本人の創意工夫の文化を見直すということでは、21世紀のこれからの時代を切り開いていく上でも参考になる内容です。

アインシュタインを考え込ませるような科学おもちゃを作った菓子職人、日本全国から400種のノミを収集した動物学を研究していた酒造り屋の主人、古来の「たたら吹き」製鉄法の再現に取り組む会社員、その他、寒冷育雛養鶏法、気象計器、カメラ開発、独創的な生物画、独学ではじめたアイヌ研究、鉱物標本、新しいカキの養殖法、人間の生体模像(復顔法)、高性能の湿温計などに取り組む14人にインビュー。著者は気象学者。

「ほとんど独力で、多くの困難とたたかいながら、国や政府からの援助もなく、科学技術の底辺で着実に仕事をしている人々に会いその仕事を紹介する」(まえがき)

(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.孤独なライフワーク
2.神山恵三
3.昭和42年(1967年)
4.文藝春秋
5.277ページ
6. 四六判、並製
7.420円