ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月3日

◯梅雨真っ最中です。6月30日の大祓の日にはホワイトセージを焚きました。浄化には、ホワイトセージと並んでパロサントもいいです。
 今年も半分すぎましたが、コロナ問題、まだ続いているようで。そんな新しい日常に対応しながら、元気にやっていきたいと思っております。

◯上の写真、公園の榎(エノキ)の大樹。エノキの樹には、よく鳥や昆虫が寄ってくる。枝葉に隠れてメジロもいました。
 苔も寄ってくるのでしょうか、幹全体をグリーンの苔が覆っている。まわりは黒々とした椎(シイ)の樹なのでひときわ目立つ。
 雨上がりの朝、水気を含んだ苔に陽が当たり、とてもきれいでした。

ブログを更新しました。「ヘリオトロープの香りと大脳タイムマシン」(7/3)、「川崎の有馬温泉 霊光泉」(6/24)、「鯖(サバ )の変性意識」(6/16)、「女竹と姫竹の食べ比べ」(5/26)、「トラフズクの鳴き声」(4/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

孔雀文様の旅

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


正倉院の宝物の中に孔雀を描いた盆や刺繍があ理ました。著者は孔雀を表した美術工芸品、仏教教義に関心を懐き、日本から中国、インド、ペルシャ、オリエント、ギリシャ、ローマの孔雀にまつわる文化的遺産を探っていく。
著者は新聞記者でしたが、本書は、子供の頃からシルクロードに憧れていた著者の個人的な関心から書かれた本です。そのあたり、学術論文ではなく、またプロの作家のエンターテイメントでもない熱い想いが伝わってきます。いわば「火の鳥」(手塚治虫)を追い求めた本とも言えます。


(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.孔雀文様の旅
2.森豊
3.昭和45年(1970年)
4.講談社
5.222ページ
6. 四六判、上製本
7.480円