ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

1月6日

 2021年、本年もよろしくお願いいたします。
 日本も世界もあの件(言葉に出すのがちょっと)が続いていますが、こういうときだからこそ、ポジティブに新しいことにチャレンジしていきたいと思っております。
 上の写真は、浅草神社三者様の奥に鎮座している被官稲荷。出歩くのを避け、以前、撮った一枚です。ネコくんがしっかりお守りしていました。
 そういえば、この間、「ネコのオモチャ」も好評で、人間はネコくんやイヌくん、それだけじゃなく動物、鳥、魚、植物の癒しパワーにずいぶん助けられているな、と感じています。

 1月といえば、蝋梅(ろうばい)の花の香り。毎年、スウィートな香りに癒されます。今朝、つぼみが膨らんでいて、もうすぐ開花するようです。

◯この間、香り関係や、面白いものちょっと変わったもの関係などの新商品もあり、ご関心を持っていただきありがとうございました。
 お問い合わせも、ショップのメール、それに電話もいただきました。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「今年、いちばんのキレイ&いちばんのビックリ」(12/29 )
◉「イランの小さな庭」(12/14 )
◉「博物館のいっぴん展」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

孔雀文様の旅

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


正倉院の宝物の中に孔雀を描いた盆や刺繍があ理ました。著者は孔雀を表した美術工芸品、仏教教義に関心を懐き、日本から中国、インド、ペルシャ、オリエント、ギリシャ、ローマの孔雀にまつわる文化的遺産を探っていく。
著者は新聞記者でしたが、本書は、子供の頃からシルクロードに憧れていた著者の個人的な関心から書かれた本です。そのあたり、学術論文ではなく、またプロの作家のエンターテイメントでもない熱い想いが伝わってきます。いわば「火の鳥」(手塚治虫)を追い求めた本とも言えます。


(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.孔雀文様の旅
2.森豊
3.昭和45年(1970年)
4.講談社
5.222ページ
6. 四六判、上製本
7.480円