ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月3日

◯梅雨真っ最中です。6月30日の大祓の日にはホワイトセージを焚きました。浄化には、ホワイトセージと並んでパロサントもいいです。
 今年も半分すぎましたが、コロナ問題、まだ続いているようで。そんな新しい日常に対応しながら、元気にやっていきたいと思っております。

◯上の写真、公園の榎(エノキ)の大樹。エノキの樹には、よく鳥や昆虫が寄ってくる。枝葉に隠れてメジロもいました。
 苔も寄ってくるのでしょうか、幹全体をグリーンの苔が覆っている。まわりは黒々とした椎(シイ)の樹なのでひときわ目立つ。
 雨上がりの朝、水気を含んだ苔に陽が当たり、とてもきれいでした。

ブログを更新しました。「ヘリオトロープの香りと大脳タイムマシン」(7/3)、「川崎の有馬温泉 霊光泉」(6/24)、「鯖(サバ )の変性意識」(6/16)、「女竹と姫竹の食べ比べ」(5/26)、「トラフズクの鳴き声」(4/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

手仕事の日本

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


昭和15年前後、日本各地に於いて手仕事で作られていた日常品や道具などを紹介しています。櫛、筆、キセル、織物、壺、ほうき、蝋燭、椀、菓子櫃、傘、凧・・・生活に役立っと共に美的にも秀でたものを、民藝運動の提唱者であった著者が全国をまわり、光を当てています。
手ずくりの日常品、道具の中に美を見出す「用の美」を理解するのに格好のテキスト。

昭和29年に刊行された本で、当時の味わいのある工芸的な蔵本、表紙の型押し、見開き2ページに一点、楽しい挿絵が入っており、それを眺めているだけでも価値ある本です。

(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.手仕事の日本
柳宗悦選集第二巻
2.柳宗悦
3.1954年
4.春秋社
5.358ページ
6.四六判、上製本、箱入り
7.380円