ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

9月9日

◯虫の声を聴くようになりました。いかがお過ごしでしょうか。 酷暑の夏、それに台風とこのところ天気のニュースから目が離せません。

◯アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)が新入荷いたしました。
 またインセンスでは8月にチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなどがアップされております。
 ヤマクニブー( 和名:モロコシソウ)は沖縄の伝統的な香りのハーブで、現在では栽培農家が少なくなっており、希少なインセンスです。

◯上の写真は、榎(エノキ)の実。8月下旬からエノキの高木の下に小さな赤い実が落ちています。この実は、そのまま食べることができ、今年も口にしました。
 ほんのりと甘く、不思議なことにアンコの味がして美味しい。お饅頭やたい焼きの、あのアンコの味。
 ただし小さすぎて(測りましたら直径6ミリほど)、食用にはなっていないようです。里山、林、公園、どこにでもある樹木ですので、一度、トライしても楽しいです。

ブログを更新しました。 ◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)
◉「ボディランゲージだけの「会話」」」(9/3)
◉「宝蔵門と浅草メリーさん」」(8/16)
◉「浅草寺仁王門のかな輪」」(8/4)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

手仕事の日本

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


昭和15年前後、日本各地に於いて手仕事で作られていた日常品や道具などを紹介しています。櫛、筆、キセル、織物、壺、ほうき、蝋燭、椀、菓子櫃、傘、凧・・・生活に役立っと共に美的にも秀でたものを、民藝運動の提唱者であった著者が全国をまわり、光を当てています。
手ずくりの日常品、道具の中に美を見出す「用の美」を理解するのに格好のテキスト。

昭和29年に刊行された本で、当時の味わいのある工芸的な蔵本、表紙の型押し、見開き2ページに一点、楽しい挿絵が入っており、それを眺めているだけでも価値ある本です。

(書誌データ 1.署名 2.著者・訳者 3.発行年 4.版元 5.ページ数 6.判型、製本 7.発行時の価格)

1.手仕事の日本
柳宗悦選集第二巻
2.柳宗悦
3.1954年
4.春秋社
5.358ページ
6.四六判、上製本、箱入り
7.380円