ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月7日

◯ 新型コロナ、まだ収まっていないようで、日々の暮らし耐久生活が続いています。
 こんなときだからこそ、気持ちを明るく、まわりの人たちへの心遣い大切にしたいと思っています。
 気分転換や心の癒しに、手軽に自然の香りを楽しめるホワイトセージ 、それに香木のパロサント など、とてもいいです。
 ともに最近、鮮度、クオリテイの良いものが入荷しました。
 ストレス緩和をはじめとしたメンタル面での健康維持に香りと親しむ、そんなライフスタイルを提案しております。

◯上の写真・・・西浅草から見たスカイツリー。
 このあたり料理器具やお皿、食器を売っている合羽橋も近いエリア。ちょうど建物の隙間でスカイツリーが空にすくっと伸びてる光景、なかなかいいです。
 街に出かけることが出来るようになったら、お薦めのビューポイントです。

ブログを更新しました。「女竹と姫竹の食べ比べ」(5/26)、「トラフズクの鳴き声」(4/20)、「『下の下』か『幻魚』か」(4/6)、「博多人形と『紫の火花』」(3/29)、「山口草平、立野道正の挿絵」(3/17)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

葛屋石(くずやいし)

1,700円

販売価格

1,700円

購入数


 日本には、水石と呼ばれる室内で石を鑑賞するユニークな文化、趣味がありました。江戸時代から明治にかけて、全国各地から自然の名石が集められていました。

 この石は、葛屋石(茅舎石)の一つです。形状、趣が昔の田舎のひなびた藁葺き屋根の家屋を連想させることから葛屋石と名付けられています。

 伝統的な水盤を用いた鑑賞の他にも、盆栽や魚の水槽と組み合わせたり、ミニチュアアート、ペーパーウエイトなど現代風にアレンジしたいろいろな楽しみ方があります。
 
 小さな桐箱に収められています。昭和の時代、数寄者の元にあったものです。

重さ 71グラム
左右5センチ 幅3.5センチ 高さ3.2センチ