ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月15日

◯秋になり日本の四季の移り変わりを感じています。高い空にいわし雲、そして夕方、暗くなるのが早くなってきました。
 「ネコジャラシ」(エノコログサ)、オヒシバ、ハナヌカススキなどイネ科の地味な雑草ですが、どこか懐かしく、ひとしお秋を感じさせてくれます。
  春からコロナ禍で異例なことばかりが続いてきましたが、そんな中でもポジティブに日常の楽しみや癒しに貢献できることはないか、そんな想いでおります。

◯上の写真・・・近くの公園に椎(シイ)の林があります。これから11月にかけてシイの実がたくさん落ちてくる。アクがないので、カラを割ってそのまま食べることもできます。松の実に似た味です。
 そこで思いついた料理・・・シイの実をフライパンで軽く炒り(炒りすぎると硬くなる)、中の実を取り出します。それと植えていたバジルの葉をバサッと採ってきて、ジュノベーゼ・パスタを作りました。これはなかなかいけます。お店で口にするよりも美味しい。
 バジルは鉢でも庭植えでも雑草みたいに増えるハーブですし、シイの実はいくらでも落ちていると、とってもリーズナブル。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「博物館のいっぴん展』」(11/11 )
◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )
◉「エノキとムクの実はおいしい/縄文文明と木の実」(9/30)
◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

合成サファイア

6,000円

販売価格

6,000円

購入数


 太平洋戦争中、北朝鮮(当時は日本領)の化学工場で作られた合成サファイアです。20世紀はじめにフランスの化学者が開発したベルヌーイ法(火炎溶融法)という人工宝石の製造法により作られた。

 戦闘機の速度計の軸受に用いるために製造されました。敗戦後、日本に撤収され、長い間、保管されていた。少しずつ流通していましたが、残り僅かになったものの一つです。
 サイズは単三乾電池ぐらいのイメージで、けっこう重みがあります。重量41グラムなので、換算すると約205カラット(Ct)になります。

 宝石磨きのやり方で、時間をかけて磨いていくと宝石レベルのブルーサファイアに変貌します。

日本製(戦前)
重さ 約41グラム
長さ 6センチ