ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月15日

◯秋になり日本の四季の移り変わりを感じています。高い空にいわし雲、そして夕方、暗くなるのが早くなってきました。
 「ネコジャラシ」(エノコログサ)、オヒシバ、ハナヌカススキなどイネ科の地味な雑草ですが、どこか懐かしく、ひとしお秋を感じさせてくれます。
  春からコロナ禍で異例なことばかりが続いてきましたが、そんな中でもポジティブに日常の楽しみや癒しに貢献できることはないか、そんな想いでおります。

◯上の写真・・・近くの公園に椎(シイ)の林があります。これから11月にかけてシイの実がたくさん落ちてくる。アクがないので、カラを割ってそのまま食べることもできます。松の実に似た味です。
 そこで思いついた料理・・・シイの実をフライパンで軽く炒り(炒りすぎると硬くなる)、中の実を取り出します。それと植えていたバジルの葉をバサッと採ってきて、ジュノベーゼ・パスタを作りました。これはなかなかいけます。お店で口にするよりも美味しい。
 バジルは鉢でも庭植えでも雑草みたいに増えるハーブですし、シイの実はいくらでも落ちていると、とってもリーズナブル。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )
◉「エノキとムクの実はおいしい/縄文文明と木の実」(9/30)
◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)
◉「ボディランゲージだけの「会話」」」(9/3)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

オウム貝

4,000円

販売価格

4,000円

購入数


 大きなサイズのオウム貝の貝殻。オウム貝は南太平洋〜オーストラリア近海に生息する頭足類で、貝類よりはイカやタコに近い軟体動物。生きている化石とも呼ばれている。
 真珠層まで研磨しています。着色、上塗りなどの加工はしていません。シルクのような真珠色がみごとです。
 形状は巻き貝の貝殻のようですが、分類上は貝類ではないのでボディの殻ということになります。確かに繊細な質感で、貝殻よりもフワリとした感じがしてファンタジックです。

 見た目、かなり迫力のある大きさで、このサイズまで成長したオウム貝の貝殻はレアーです。デイスプレイやオブジェとして、空間を引き立てます。

 目立った傷、割れ目、欠けなどはありませんが、自然の生物の殻なので細かく観察すると成長過程で生まれた表面の凹凸、細い筋などはあります。

産地 フィリピン
重さ 224グラム
サイズ 長径18センチ 厚さ8センチ

✴本品は、「ゆうパック」(60サイズ)でお送りいたします。送り先の地域により「ゆうパック」送料が変わりますが、ご注文受付の際、メールでお知らせいたします。