ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月15日

◯梅雨の日が続いています。今年は降ったりやんだりの日が多くて、日照時間が少なく農作物に影響が出ているとか。心配です。
 雨上がり、近くの公園で子供たちがシャボン玉を飛ばせていました。
 大きいのが目の高さぐらいのままスーッと近ずいてくる。透きとおった虹色をしていて思いのほかきれい。幕の薄さが存在感を希薄にし、とってもファンタジックでした。

ブログを更新しました。「バングラデシュのブーゲンビリア」(7/11)、「下谷「坂本富士」のお山開き」(7/2)、「アブサンと「緑の妖精」の秘密」(5/22)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

伽羅(きゃら/ベトナム産)(4)

6,000円

販売価格

6,000円

購入数


手軽に本物の香りを・・・

 伽羅(きゃら)と沈香(ちんこう)は、日本の香の歴史で最も珍重されてきた香木です。その香りは、他に比較するもののない、高貴で、霊峰の頂のように澄み、深遠にして幽玄な香りと評されてきました。
 伽羅、沈香は、東南アジアを中心にインドのアッサム地方からインドネシアにかけて育つジンチョウゲ科の数種類の樹木を指します。その木質部に傷がつき、腐食して樹脂化した部分を熱すると、えも言われぬ妙なる香りを発します。

 ところで、伽羅と沈香を別の物のように書いていますが、これは日本だけの歴史的な「習慣」(昔、産地やその香木が持つ香り、性質により区分けしたのですが、いまの目からすると、かなり曖昧な区分けでした)で、実は、両者に客観的な区別はないのをご存知でしょうか。
 英語では、沈香も伽羅も区別なくアガーウッド(Agarwood)と総称されています。
 古くから香文化が栄え、現在も大量に消費している中東地域、あるいはかってそれを日本に伝えた中国でも、伽羅、沈香の区別はしていません。

■ここでご紹介するのは、ベトナム産の年月の経った伽羅です。実際に炊いてみて、香りを確かめた香木です。
 香りの世界を楽しみたいという方々に、ふだん使うのにちょうどいい、日常の贅沢としてお薦めいたします。炊きはじめてから時間が経つにつれ、軽やかで繊細な甘い香りに変わっていきます。
 ゆったりしたいときに、微妙に変わっていく香りの情景や過ぎていく余韻を楽しむ、そんな至福のひと時を提案しています。
 1グラム単位で販売しているものと同じものです。2枚目の写真に写っている内側は、削りとって練香に用いられています。

どうやって香りを楽しむのか?
・香炉、炭、香炉灰、銀葉などの用具を使うのがオーソドックスな炊き方です。
・電気香炉、茶香炉、アロマポットで炊くこともできます。
・アラビアの香文化では、日本の伝統的な香とは異なる炊き方、楽しみ方があります。
かの地では、伽羅片を炭の上に直に載せています。お祝いや結婚式のとき、そうやってたくさんの伽羅を炊いています。
・香木の表皮の筋に沿って少量、カットして直に炙って香りを楽しむこともできます。南米の香木パロサントのような、いちばん手軽なスタイルです。
(詳しくは説明書を同封いたします)

産地/ベトナム
重さ/3.0グラム