ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月17日

 台風19号、各地に大きな被害をもたらしました。こちらの地元でも二駅先の二子玉川で浸水がありました。いまも復旧途上の地域があり、一刻も早い回復を願っています。

 10月26、27日の土曜、日曜は、渋谷区代々木公園内(NHKホールに隣接)で開催されるイベント、「アースガーデン秋」に出店いたします。毎年恒例の催しです。都会の公園ですが、緑豊かな場所ですので、秋の散策がてらお立ち寄り下さい。

 上の写真は、近くの公園で見つけたシイの実。たくさん落ちています。ドングリのようなアクがないので、フライパンで軽く炒って食べれます。炒ったばかりのシイの実は、けっこう美味しい。
 輸入品のいろいろなナッツ類に比べると、油脂成分が控え目の淡白な味覚、これが日本の風土のナッツなんだなと味わいました。

◯このところ「アグア・デ・フロリダ (50ccボトル)」が人気です。
 南米ペルーで作られた花の精油をもとにした香りのスプレーで、爽やか、清潔感のあるさっぱりした香りが好まれているようです。
◯変わったところではアフリカのジンバブエで作られている楽しいクラフト、「ジンバブエのカメレオン」。
 手作りのアートとしても注目されていますが、なによりもアフリカの感性でちりばめられたビーズがとても綺麗です。

ブログを更新しました。「夜の雷雲はけっこう綺麗」(9/12)、「戦前のフリーメイソン、秘密結社の本と焚書」(8/23)、「野鳥の羽を集める」(8/1)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

伽羅(きゃら/カンボジア産)(1)

3,700円

販売価格

3,700円

購入数


 伽羅(きゃら)と沈香(ちんこう)は、日本の香の歴史で最も珍重されてきた香木です。その香りは、他に比較するもののない、高貴で、霊峰の頂のように澄み、深遠にして幽玄な香りと評されてきました。
 伽羅、沈香は、東南アジアを中心にインドのアッサム地方からインドネシアにかけて育つジンチョウゲ科の数種類の樹木を指します。その木質部に傷がつき、腐食して樹脂化した部分を熱すると、えも言われぬ妙なる香りを発します。

 ところで、伽羅と沈香を別の物のように書いていますが、これは日本だけの歴史的な「習慣」(昔、産地やその香木が持つ香り、性質により区分けしたのですが、いまの目からすると、かなり曖昧な区分けでした)で、実は、両者に客観的な区別はないのをご存知でしょうか。
 英語では、沈香も伽羅も区別なくアガーウッド(Agarwood)と総称されています。
 古くから香文化が栄え、現在も大量に消費している中東地域、あるいはかってそれを日本に伝えた中国でも、伽羅、沈香の区別はしていません。

■ここでご紹介するのは、カンボジア産の伽羅です。
  玄妙で高貴な香りの良品、甘さは控えめです。

どうやって香りを楽しむのか?
・香炉、炭、香炉灰、銀葉などの用具を使うのがオーソドックスな炊き方です。
・電気香炉、茶香炉、アロマポットで炊くこともできます。
・アラビアの香文化では、日本の伝統的な香とは異なる炊き方、楽しみ方があります。
かの地では、伽羅片を炭の上に直に載せています。お祝いや結婚式のとき、そうやってたくさんの伽羅を炊いています。
・香木の表皮の筋に沿って少量、カットして直に炙って香りを楽しむこともできます。南米の香木パロサントのような、いちばん手軽なスタイルです。
(詳しくは説明書を同封いたします)

重さ/0.77グラム