ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

2月10日

 立春になりました。今月に入り、寒波もありましたが、暖かな冬のようです。
 上の写真、梅が花開しました。早朝、ふくよかで甘い香りが漂っている。
 枝が目先まで伸びていて、花を近くから眺めてました。ふと、気づいたこと・・・梅の白い花びらの中心部は、朝日の逆光を通して見ると、黄色、オレンジ、赤がステンドグラスみたいでとってもきれい!
逆光で薄い花びらが透き通って見える位置から眺めると分かります。
 これまで、遠目にただ白い花とばかり思っていましたが、細部は、繊細で色鮮やかな蝶のような花だったことにびっくりしました。

ブログを更新しました。「食い千切られる・・・ソクラテスの人面パイプ」(1/24)、「似ている・・・腕足動物の化石と水草の実」(12/28)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

地球でいちばん深くにある石/エクロジャイト(2)

1,800円

販売価格

1,800円

購入数


人類は、地球の表面から地殻部分までの地中を開発してきたが、さらに深部、約地下50キロからはじまるマントル上部までは、あまりに深いため未だ掘ることはできず、未知の世界にとどまっています。
鉱物には、とても多くの種類がありますが、それらは地球の表面から地殻部分に存在している。地殻の下は、マントルと呼ばれる高圧、高密度の層になっています。
そのマントルの構成物質と目されているのがこのエクロジャイトという鉱物(変成岩)。
ノルウェーのエーヘイムは、地球の深部から噴出したエクロジャイトが存在しているとても稀なポイントで、これはそこから採掘されたものです。

主成分は、石榴石(ざくろいし)、オンファス輝石、他に石英、長石などを含んでいる。
写真でも赤い石榴石と緑色のオンファスはよく分かり、拡大ルーペだと石榴石の結晶もよく見えます。手にするとずっしりとした重量感がある。
いわばこれが地球の芯、一番深い部分の石がこれ・・・そう思うと、いえ、そんなこと考えてること自体、ちょっと変ですが、でもなんか面白い。

重量: 74グラム(サイズ 約4x5センチ、厚さ約2地球でいちばん深くにある石/エクロジャイトセンチ)
産地:ノルウェー、エーヘイム