ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月15日

◯梅雨の日が続いています。今年は降ったりやんだりの日が多くて、日照時間が少なく農作物に影響が出ているとか。心配です。
 雨上がり、近くの公園で子供たちがシャボン玉を飛ばせていました。
 大きいのが目の高さぐらいのままスーッと近ずいてくる。透きとおった虹色をしていて思いのほかきれい。幕の薄さが存在感を希薄にし、とってもファンタジックでした。

ブログを更新しました。「バングラデシュのブーゲンビリア」(7/11)、「下谷「坂本富士」のお山開き」(7/2)、「アブサンと「緑の妖精」の秘密」(5/22)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

地球でいちばん深くにある石/エクロジャイト(2)

1,800円

販売価格

1,800円

購入数


人類は、地球の表面から地殻部分までの地中を開発してきたが、さらに深部、約地下50キロからはじまるマントル上部までは、あまりに深いため未だ掘ることはできず、未知の世界にとどまっています。
鉱物には、とても多くの種類がありますが、それらは地球の表面から地殻部分に存在している。地殻の下は、マントルと呼ばれる高圧、高密度の層になっています。
そのマントルの構成物質と目されているのがこのエクロジャイトという鉱物(変成岩)。
ノルウェーのエーヘイムは、地球の深部から噴出したエクロジャイトが存在しているとても稀なポイントで、これはそこから採掘されたものです。

主成分は、石榴石(ざくろいし)、オンファス輝石、他に石英、長石などを含んでいる。
写真でも赤い石榴石と緑色のオンファスはよく分かり、拡大ルーペだと石榴石の結晶もよく見えます。手にするとずっしりとした重量感がある。
いわばこれが地球の芯、一番深い部分の石がこれ・・・そう思うと、いえ、そんなこと考えてること自体、ちょっと変ですが、でもなんか面白い。

重量: 74グラム(サイズ 約4x5センチ、厚さ約2地球でいちばん深くにある石/エクロジャイトセンチ)
産地:ノルウェー、エーヘイム