ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月15日

◯梅雨の日が続いています。今年は降ったりやんだりの日が多くて、日照時間が少なく農作物に影響が出ているとか。心配です。
 雨上がり、近くの公園で子供たちがシャボン玉を飛ばせていました。
 大きいのが目の高さぐらいのままスーッと近ずいてくる。透きとおった虹色をしていて思いのほかきれい。幕の薄さが存在感を希薄にし、とってもファンタジックでした。

ブログを更新しました。「バングラデシュのブーゲンビリア」(7/11)、「下谷「坂本富士」のお山開き」(7/2)、「アブサンと「緑の妖精」の秘密」(5/22)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント樹脂

1,300円

販売価格

1,300円

購入数


◉2019年1月、少量入荷しました。

 今回、パロサントの樹脂が入荷しました。一見、砂粒のようにも見えます。樹脂なので、ナチュラルインセンスを焚くときと同様の方法で、フランキンセンスやミルラと同じようにして香りを引き出します。

 「聖なる木」パロサントと呼ばれる香木。南米インカ帝国の時代の代表的な香でした。現代でもペルー、エクアドル、コロンビア、ブラジルなどで、宗教的な儀式や祭りのとき、この香木が盛んに焚かれています。
 現在、アマゾン地域のシャーマンは、浄化やヒーリング、アヤワスカなどの儀式の際、場を清めるスピリチュアルな香として焚いています。パロサントの芳しい香りにひかれてよい精霊が集まり、力を貸してくれる。一方、悪い精霊は追い払われるといわれています。
 パロサントの香りは、人を審美的な世界に導くと、神話やシャーマンの歌に伝えられています。

部位/樹脂
重さ/3グラム
産地/ペルー