ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

フランキンセンス(乳香)<ソコトラ>

700円

販売価格

700円

購入数


部位: 樹脂
重量:5g
産地/イエメン、ソコトラ島


 ソコトラ島(イエメン)には、ここだけにしかないフランキンセンスが幾種類かあります。これはそのひとつ、Boswellia elongata という学名をもつフランキンセンスです。
 ソコトラでは、フランキンセンスは樹脂を香として焚くだけでなく、その枝や葉も家畜を害虫から守り、家の内外に香りをつけるなどの目的で焚かれます。
 また樹脂は、ガムのように噛んで、息をリフレッシュし、歯をきれいに保つためにも使われています。
 甘いオレンジを思わす華やかな柑橘系の香り、奥にミントの葉のようなさわやかさがあります。