ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月11日

○今週の 15 (金)、 16(土) の二日間、「世田谷ボロ市」に出店します。江戸時代以前から地元で続いてきた市で、最近は、アンティークや着物、陶器、日本各地の特産品、植木、盆栽、それにお祭り、縁日でおなじみのお好み焼き、焼きそば、イカ焼きなどの露店が軒を連ねます。
 会場は、毎年すごい数の人で、しかも普段は、ふつうの道路になっている場所を会場にしているため延々、どこまでも果てしなく続いているような錯覚に陥ります。
 そんなこと書いているのは、もし足を運んでいただけたとしても、果たして、出店場所までたどり着けるか危惧しているからでして、お会い出来たとしたら、それだけで幸運なことです。

○上の写真は、ライトアップされた世田谷通りのイチョウ並木。今年からはじまりました。冬の青空にイチョウの黄色は映えますが、それとはうってかわって、夜は靄ったようなファンタジックな雰囲気です。

ブログ更新しました(11/21 )。「 南宋青磁の小皿」、「大理国の小皿」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

まりも水晶

4,000円

販売価格

4,000円

購入数


 水晶の中に雲海や噴煙、靄(もや)が涌き上がり、たなびき、所々に毬藻(まりも)のような玉が浮遊しているように見える不思議な水晶。水晶に内包されたクローライト(緑泥石)がそんな変化のある色・模様を生み出している。
 眺めていると、模様の色は、利休鼠、鶯色、薄墨色、乳白色、鳶色と、どれも和の色系。それらの和の色が入り混じり、なんとも言えない奥深さ、幽玄さを生み出しています。
 世界各地の水晶の中でも、日本式双晶と並んでまりも水晶は、日本ならではの水晶として海外でも注目されているユニークな存在です。
  1959 年に閉山した大分県の錫(スズ)鉱山の坑道跡で採取されてきましたが、近年、坑道が閉じられ幻の水晶になりつつある。水晶の表面に条痕が残っている自然の状態の水晶で、上部の透明度の高いきれいなものを選びました。

  写真のように、水晶の下部の片面には、採取の際のへこみが少しあります。

○プレート付き
長さ:8.4cm 重量:58g   
産地/大分県尾平鉱山