ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月16日

 ◯季節は立夏に入り、七十二候では「竹笋生(たけのこしょうず)」、タケノコの出てくる頃になりました。すでに店先にタケノコ、並んでますので、口にされた方も多いかと思います。
 こちらの地元では、経堂と豪徳寺の間の住宅街にタケノコの直売をしている農家があり、今年もいただきました。天ぷらや味噌汁に入れても美味しいです。

 ◯上の写真は、「ツミ」という鷹の羽根。近年、都市部でも巣を作るようになっているようです。地元の若林公園でクロマツの枝にいるツミを眺めていたら、舞い落ちてきました。この話し、ブログに書きました。

ブログを更新しました。「雀鷹(ツミ)の声、海馬(トド)の匂い」(5/15)、「手塚治虫さんの3つの夢」(3/20)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

まりも水晶

4,000円

販売価格

4,000円

購入数


 水晶の中に雲海や噴煙、靄(もや)が涌き上がり、たなびき、所々に毬藻(まりも)のような玉が浮遊しているように見える不思議な水晶。水晶に内包されたクローライト(緑泥石)がそんな変化のある色・模様を生み出している。
 眺めていると、模様の色は、利休鼠、鶯色、薄墨色、乳白色、鳶色と、どれも和の色系。それらの和の色が入り混じり、なんとも言えない奥深さ、幽玄さを生み出しています。
 世界各地の水晶の中でも、日本式双晶と並んでまりも水晶は、日本ならではの水晶として海外でも注目されているユニークな存在です。
  1959 年に閉山した大分県の錫(スズ)鉱山の坑道跡で採取されてきましたが、近年、坑道が閉じられ幻の水晶になりつつある。水晶の表面に条痕が残っている自然の状態の水晶で、上部の透明度の高いきれいなものを選びました。

  写真のように、水晶の下部の片面には、採取の際のへこみが少しあります。

○プレート付き
長さ:8.4cm 重量:58g   
産地/大分県尾平鉱山