ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月11日

○今週の 15 (金)、 16(土) の二日間、「世田谷ボロ市」に出店します。江戸時代以前から地元で続いてきた市で、最近は、アンティークや着物、陶器、日本各地の特産品、植木、盆栽、それにお祭り、縁日でおなじみのお好み焼き、焼きそば、イカ焼きなどの露店が軒を連ねます。
 会場は、毎年すごい数の人で、しかも普段は、ふつうの道路になっている場所を会場にしているため延々、どこまでも果てしなく続いているような錯覚に陥ります。
 そんなこと書いているのは、もし足を運んでいただけたとしても、果たして、出店場所までたどり着けるか危惧しているからでして、お会い出来たとしたら、それだけで幸運なことです。

○上の写真は、ライトアップされた世田谷通りのイチョウ並木。今年からはじまりました。冬の青空にイチョウの黄色は映えますが、それとはうってかわって、夜は靄ったようなファンタジックな雰囲気です。

ブログ更新しました(11/21 )。「 南宋青磁の小皿」、「大理国の小皿」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント(古木) (1) 香木

2,000円

販売価格

2,000円

購入数


 ペルー北西部のコラレス・ツンベスで見つかった自然に朽ちて倒れたパロサントの古木。樹齢 110 年と推定されています。コラレス・ツンベスは、エクアドル国境に近いアマゾン地域にあります。
 住民の祈りの儀式の後、香木としてカットされました。このパロサントは、そのひとつです。香りの油脂成分がたくさん含まれているので、木質が密で、手で持つと普通のパロサントに比べ重めです。パロサントの表面からも特徴ある爽やかな香りが濃密にします。
重量:22 グラム
長さ: 9.5センチ