ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ローズウッド (4) 香木

2,100円

販売価格

2,100円

購入数


産地/ペルー
重量/3.5グラム  長さ/7センチ

南米に自生するクスノキ科の樹木で、香木として知られています。本品は、香り成分を含んだ心材部分です。スイート、フローラル、ウッディでスパイシー、それらがミックスされた香りです。
ローズウッドの魅惑的な香りは、アロマオイルによく使われています。香水の「シャネルN°5」に使われていることでも有名。

○香りの出し方として、ナチュラルインセンスのスタイルのように、香木を少量削り、それを燃える温度以下で加熱し、香りを出すようにするのをお勧めします。
香木でもパロサントの場合は、一度、直に火をつけ、消した後の煙をくゆらすような香りの出し方をしたりしますが、そのスタイル(直に点火する)は、 ローズウッドには向いていません。

○現在、ワシントン条約(CITES)の規制の対象となる植物(附属書供砲離螢好箸貌っており、新たに輸入できない状況にあります。本品は、まだ輸入が出来た頃のストックで、数に限りがあります。