ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月2日

◉ 5月の連休、いかがお過ごしでしょうか。
 新緑の季節、今日は五月晴れ、爽やかな薫風に心癒されました。
 写真は、近所の公園、メタセコイアの木がシイの林からすくっと伸びていました。生きた化石とも呼ばれた樹木で、鳥の羽のような明るいグリーンの葉。円錐形の塔みたいな樹形、ファンタジックな光景でした。

◯  この間、品切れになっていたマスティック(高品質の樹脂/ギリシャ、キオス島産)が再入荷いたしました。
今回、入荷分については、特価700円/5グラムで提供いたします。マスティックは香の他にも、生産地ではいろいろな用い方をされています。
 「おすすめ商品」をご覧ください。

ブログを更新しました。 ◉「唄焼き鳥とソウルフード」(5/15 )
◉「奇木・臥竜の松」(5/5)
◉「贅沢について・・・サン・テグジュペリと古本屋さん」(4/20 )
◉「桃の花とカルマ・ヨーガ」(4/4 )

○YouTubeの雑談です・・・「脱兎とモナカのおもしろ話し」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

赤水晶ー1 SOLD OUT

1,800円

販売価格

1,800円

購入数


一見すると、光沢のある赤いプラスチックで作られたピラミッドみたいに見えますが、自然の水晶。この赤色は、色見本のブリック・レッド、オクサイド・レッド、カッパー・レッドなどに近い赤です。
濃密な赤色は、水晶が形成される過程で成分に含まれる酸化鉄による発色で、人工的な着色などはありません。断面を見ると、母岩がアメジストでヘマタイト(酸化鉄)の層があり、結晶表面がヘマタイトに覆われ赤色になっています。結晶面の艶やかで、ツルツルした質感がとってもファンタジック。

サイズは小ぶりです。クラスターの中央に、メインの結晶があり、前哨に独立した小レベルの結晶が2つ並んでいる構図は、自然の造形でありながら、とてもバランスよく出来ている。また、側面にウロコ状の小さな結晶が付いているのもファンタジックです。

赤水晶と呼ばれる水晶は、それぞれ異なったタイプのものが世界各地から産出されています。この赤水晶は、最近になってモロッコで発掘されだしたもので、 赤色の鮮やかさ、質感、結晶の大きなど、魅力的な赤水晶です。通称、レッドキャップアメジストとも呼ばれています。

○高さ4 cm/幅2.5 cm/重さ26 g
○産地/モロッコ、ティネジダード近郊