ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

7月5日

○次回の「香の会」は、 7月27 日(木)になりました。場所は、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリア。午後7 時から開催。詳しい情報は、近日中にアップいたします。

○ 近くの道端、雑草の中でツユクサ(露草)の可憐な花が目を惹きました。 空よりも海よりも青い、鮮やかな青色をしています。
ふと、その脇に光沢のある緑色の羽が落ちていました。ワカケホンセイインコの羽でした。インドやスリランカ原産でペットとして輸入されたのが野生化し、この辺りでは群になっている。全長 40センチとけっこう大きく、黄緑色してるトロピカルな雰囲気。

6月8日
○5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

フランキンセンス(グリーン・ホジャリ、 2017 年収穫品)

900円

販売価格

900円

購入数


部位:樹脂
重量:5g
産地:オマーン

 オマーンは世界で最高の乳香を産出すると定評があります。さわやかな甘さの中に柑橘系の香りがするのが特徴です。なかでも樹脂の色がレモンイエローからピスタチオの実のような緑色をしたグリーン・ホジャリは、乳香の最高峰とされています。
 オマーンではこのグレードの乳香をチューインガムのように噛んだり、水につけて薬として飲みます。香として焚くと、その香りは他を抜きん出ていることが実感できます。

☆2017 年5 月、フランキンセンスを求めてオマーンのサラーラを訪れ、この年、採れたばかりのフランキンセンスのグリーン・ホジャリと出会い、購入した逸品です。

 フランキンセンスは香として何千年もの歴史があります。古い例では、紀元前15世紀の女性のファラオ、ハトシェプストが、遠征隊を出し、乳香や没薬の木をエジプトに持ち帰ったという記録があります。また、キリスト教の聖書にはイエスの誕生プレゼントのひとつして記されているなど、乳香は古代世界でたくさんのエピソードをもつ香です。アラビアでは現代でも日常的に焚かれています。