ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

8月7日

・上の写真、中野区上高田にある功運寺の裏の原っぱの景色。百日紅の花の向こうに仏像が見える。台地の上から妙正寺川に下る崖の端っこで、妙にひと気のない都会のエアポケットのような空間でした。

  ○ブログを更新しました。「星と鉱物の結晶、どちらがきれい?」 (8/8)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ホウセキゾウムシ SOLD OUT

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


宝石のように美しいことからホウセキゾウムシという名前がついた昆虫の標本です。
「構造色」といわれ、見る角度に応じて、いろいろな色に見える。
タマムシやハナムグリなどは、多層膜による光の干渉で構造色になっているが、ホウセキゾウムシは、フォトニック結晶により光の干渉が起き、構造色になっている。

産地/インドネシア、イリアンジャヤ(ニューギニア島)
長さ(胴体): 2.7cm