ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ドバイで人気の香炉 SOLD OUT

3,000円

販売価格

3,000円

購入数


ドバイの香専門店で購入、アラビアンナイトの世界を彷彿とさせる雰囲気に惹かれました。本体は、木で作られています。ドバイでは、火皿の中におこした炭を入れ、その上に乳香やミルラ、伽羅(きゃら)、練香などをのせて香りをおこします。
ドバイでは、ショッピングモールや結婚式の会場などで、香の煙をたくさん出して焚いています。伽羅などもそうやって焚いています。
日本の香道の焚き方と比べると、ずいぶんワイルドですが、広い部屋や屋外で香を焚く中東の文化に由来しているとも言えます。
この香炉でしたら、野外の催し、イベントのときに、好みの香を焚くことも出来ます。
中東の製品一般について言えることですが、日本の製品に比べ、作りは大雑把で、精緻ではありません。金属加工や鋲など、日本の製品とは異なることをご理解ください。
ドバイの香専門店で、いろいろな香炉を見比べて、その中でも手軽で使いやすいものとして選んだのがこの香炉でした。現地では、ポピュラーで人気のある品です。

高さ 21 センチ。重さ 314 グラム。火皿部分は金属の板で、6センチ四方、深さ3 センチ弱。