ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

沈香(アッサム産)SOLD OUT

2,200円

販売価格

2,200円

購入数


産地/インド、アッサム地方
重量/1 グラム

 沈香、伽羅(きゃら)は、産地やその香木が持つ香りや性質により区分けされています。この沈香は、インド東部のアッサム地方で採れたものです。タイの香問屋さんを経由して揃えたものです。
 香りは、シャム沈香に比べると、ビターでディープ、そして玄妙。沈香の香りを知りたいという方には、楽しんでいただけます。

 写真の左、紙の上に並んでいるのが1グラム。基本的に、香道の様式、香炉、炭、香炉灰、銀葉などを用いて焚きます。 少しもったいない方法ですが、焼香や南米の香木、パロサントと同じようなスタイルで焚くことも出来ます。

 沈香について・・・沈香は、伽羅と並び日本の香の歴史で最も珍重されてきた香木です。その香りは、他に比較するもののない、高貴で、霊峰の頂のように澄み、深遠にして幽玄な香りと評されてきました。
 英語では、沈香も伽羅も区別なく アガーウッド(Agarwood)と総称され、東南アジアを中心にインドのアッサム地方からインドネシアにかけて育つジンチョウゲ科の数種類の樹木を指します。その木質部に傷がつき、腐食して樹脂化した部分を熱すると、えも言われぬ妙なる香りを発します。
 少し補足しますと、日本では、江戸時代以降、沈香と伽羅を分けています。それは、銀葉(雲母の板)を使い香を焚く香道の文化に由来しています。古の時代、沈香など香は中国から伝わりましたが、銀葉の使用は、日本で生み出されたノウハウでした。これにより、より繊細な香りの聞き比べをするようになったことが、沈香と伽羅を分けるようになった由来です。