ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

4月7日

◉この間、品切れになっていた最高品質のフランキンセンス(乳香)・グリーンホジャリが入荷しました。2020年に採取された稀少品のインセンスです。
 樹脂に指で触るとミントとレモンの混じり合った匂いするのが分かります。また、普通のフランキンセンス と異なるグリーンっぽい色です。
 巻頭の「おすすめ商品」からも探せます。

◉新緑の季節になりました。上の写真は、世田谷線の松陰神社前駅と若林駅の間の踏切からタヌキの住んでいる林を撮りました。右に見える線路瑞の樹木がそれ。
 電車は二両編成の世田谷線、ネコの顔が描かれている車両で「ネコ電車」と呼ばれています。
 タヌキは深夜、近くの住宅街まで出歩いている。以前は2、3匹だったのが最近、増えている様子。
 朝、踏切を通っていたら、林からコジュケイ の鳴き声が聴こえてきました。
 キジの仲間の鳥で、この近辺ではもういなくなっていた野鳥です。独特のかん高いさえずりに感動しました。

◯この間、香り関係や、面白いものちょっと変わったもの関係などの新商品もあり、ご関心を持っていただきありがとうございました。
 お問い合わせも、ショップのメール、それに電話もいただきました。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「チベットの「犬葬」/犬の知性とソラリスの海」(3/16 )
◉「富士山と貧乏飯と飯場料理」(2/14 )
◉「蝋梅の香り/寒ボラの臍(へそ)/江戸前の鮨」(1/27 )
◉「今年、いちばんのキレイ&いちばんのビックリ」(12/29 )

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

フランキンセンス(グリーン・ホジャリ、 2020 年収穫品)

900円

販売価格

900円

購入数


(2021年4月 入荷しました)
 
 先に2017年採取のグリーン・ホジャリは完売、品切れになっていましたが、今回、新しく採取された新鮮な最高級のフランキンセンス、グリーン・ホジャリが入荷いたしました。前回同様にとてもクオリティのよいものです。樹脂のままでも、レモン、ミントのようなミルキーでスイートな香りを発散させています。

 オマーンは世界で最高の乳香を産出すると定評があります。さわやかな甘さの中に柑橘系の香りがするのが特徴です。なかでも樹脂の色がレモンイエローからピスタチオの実のような薄緑色をしたグリーン・ホジャリは、乳香の最高峰とされています。
 オマーンではこのグレードの乳香をチューインガムのように噛んだり、水につけて薬として飲みます。香として焚くと、その香りは他を抜きん出ていることが実感できます。

 フランキンセンスは香として何千年もの歴史があります。古い例では、紀元前15世紀の女性のファラオ、ハトシェプストが、遠征隊を出し、乳香や没薬の木をエジプトに持ち帰ったという記録があります。また、キリスト教の聖書にはイエスの誕生プレゼントのひとつして記されているなど、乳香は古代世界でたくさんのエピソードをもつ香です。アラビアでは現代でも日常的に焚かれています。

部位:樹脂
重量:5g
産地:オマーン