ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

10月15日

◯秋になり日本の四季の移り変わりを感じています。高い空にいわし雲、そして夕方、暗くなるのが早くなってきました。
 「ネコジャラシ」(エノコログサ)、オヒシバ、ハナヌカススキなどイネ科の地味な雑草ですが、どこか懐かしく、ひとしお秋を感じさせてくれます。
  春からコロナ禍で異例なことばかりが続いてきましたが、そんな中でもポジティブに日常の楽しみや癒しに貢献できることはないか、そんな想いでおります。

◯上の写真・・・近くの公園に椎(シイ)の林があります。これから11月にかけてシイの実がたくさん落ちてくる。アクがないので、カラを割ってそのまま食べることもできます。松の実に似た味です。
 そこで思いついた料理・・・シイの実をフライパンで軽く炒り(炒りすぎると硬くなる)、中の実を取り出します。それと植えていたバジルの葉をバサッと採ってきて、ジュノベーゼ・パスタを作りました。これはなかなかいけます。お店で口にするよりも美味しい。
 バジルは鉢でも庭植えでも雑草みたいに増えるハーブですし、シイの実はいくらでも落ちていると、とってもリーズナブル。

◯南アメリカの花の香りのスプレー、アグア・デ・フロリダ(ペルー産・50cc ボトル)、先月の入荷後、とても好評です。
 自然の植物の香で新登場のチェストツリー、 ヤマクニブー、 マートル、 ローリエなども人気です。

ブログを更新しました。 ◉「ブルートパーズは『いい!』」(10/28 )
◉「エノキとムクの実はおいしい/縄文文明と木の実」(9/30)
◉「雪男、イエティの古い絵・・・UMA実在の証拠?」(9/16)
◉「ボディランゲージだけの「会話」」」(9/3)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

徳化窯の白磁香炉

5,000円

販売価格

5,000円

購入数


 中国の明、清の時代から美しい白磁として有名だった福建省徳化窯の白磁香炉。両側二箇所に動物の顔を模したポイントがあり、古美術の世界では「獣耳白磁香炉」と呼ばれます。
 徳化窯の白磁は、穏やかでミルキーなホワイト=乳白色、白玉のような光沢、 しっとりとした器肌といった特徴があり、古くから中国や日本で尊ばれてきました。

 真新しく見えますが、かなり古いもので古美術品として扱われていたものです。
 高台の裏の状態から、近年作られたものではなく、清の時代(1644〜1912)から民国時代(1912〜1946)ぐらいの時代はあるようです。

・ 一点もの、 未使用品です(鑑賞品として扱われてきたので)。 
・表面はきれいで、貫入(かんにゅう。表面の釉薬のガラス質がヒビ状になっていること)や傷などはありません。
・高台の縁(へり、畳付)に一箇所2ミリほどの欠けがあります。高台の裏は時代物の証として、歳月を経てきた古色が見られます。
・灰、炭を用いる普通の香炉として使うことが出来ます。また、お菓子入れ、草花を飾ったり、いろいろな使い方ができます。
・置き物、飾り物として鑑賞のために用いることもできます。

重さ/470グラム
直径(口縁部外径)/12.5僉々發機7