ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

クジャクアワビ(1)

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


 アメリカ西部のカリフォルニア州南部からメキシコのバハ・カリフォルニアにかけて、浅瀬から水深 10メートルぐらいまでに生息するアワビ貝の一種。 メキシコアワビとも呼ばれる。
 アメリカ先住民の人々は、この貝をホワイトセージを焚くときの受け皿に用いていました。

  遊色の虹のような、夕焼けの空のような光沢とともに、貝殻の中心部の輝く羽のような模様が特徴で、そこから和名のクジャクアワビ、英語名のグリーン・アバロン(アワビ)がつけられています。
 貝殻の光沢のある輝きは、真珠の粒と同じ成分、仕組みでできる真珠層によるものです。貝殻をカットしてブローチやネックレス、ボタンなど宝飾品に加工されてきました。

○こんな使い方があります
 アクセサリーや小物、小さなビン、ポプリなどを入れる容器に、大きめなものをすくうスプーンや匙に、工芸の素材に、お風呂や洗面所の石けん受けに、そして、ホワイトセージを焚くときの受け皿に、まだまだ用途はいろいろあるかと思います。素敵な使い方、考えてみませんか。

 ○貝殻の外面は未加工です。羽のような模様がよく出ているものを選びました。重さ160グラム、左右の長さ13.5センチ、上下の長さ 10センチ。


和 名:クジャクアワビ
英 名:Green abalone
学 名:Nordotis fulgens
分 類:ミミガイ科(Haliotidae)