ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

9月18日

8月の末から、近くの樅(もみ)の樹の幹から樹脂が滲み出ています。朝の光があたると透明な樹脂はまるで水晶の雫のよう。その美しさに見とれて写真を撮りました。
  樹脂を掬い取り、乾燥させると、爽やかな森の香気を感じさせてくれる香になります。
  「香の会」でも何度かこの樅の樹脂を焚き、とても好評でした。機会があれば今年の雫も焚いて見たいと思っています。この話し、ブログにも書いています。
  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

貝殻を置くための三脚

1,500円

販売価格

1,500円

購入数


アメリカのネイティブ(先住民)の人々は、ホワイトセージを焚くとき、貝殻を火皿のように用いていました。メキシコのカルフォルニア湾に生息しているクジャクアワビはよく知られています。

本品は、貝殻を火皿にして香などを炊くときに使用する専用三脚。もちろん、他にもいろいろな用途に使えます。柔らかめの木をくり貫いて作った継ぎ目なしの三脚です。

最初の写真は、クジャクアワビの貝殻を載せています。2枚目は三脚を開いたところ、三枚目は横に寝かしたところです。

製造地/アメリカ。手作り品。
重さ/約70グラム
折りたたんだ長さ/約20センチ