ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

11月1日

台風の後は木枯らしと、秋が深まってきました。
今朝、無患子(ムクロジ)の実がたくさん落ちていました。中に入っている黒い種はとても堅く、羽子板の玉として使われています。また数珠、ビーズにもなります。実の果肉の方は、昔、石鹸の代わりになっていたとか。
上の写真のように、ムクロジの実は、鶯色っぽい中間色のねっとりした光沢、僅かに透明がかっていて、でも、アゲート(瑪瑙)やフローライト(蛍石)のような鉱物の質感とは、またひと味違う魅力があって、しばし見とれてました。

ブログ更新しました。「猫つながり」

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

カルサイトの「バベルの塔」

2,000円

販売価格

2,000円

購入数


 伝説の聖なる山、あるいはバベルの塔を想わせるカルサイト(方解石)。中央の山、さらにひとつひとつの小山が、犬の牙に似た形の犬牙状(けんがじょう Dogtooth spar)結晶で出来ています。
 自然の結晶で、人の手で作られたものではありません。初めて見たとき、シュールな物語「類推の山」を連想しました。
 カルサイトは石灰岩を構成する炭酸カルシウムの鉱物。石英,水晶と並び、最もありふれた鉱物のひとつですが、結晶の形がいろいろな変化に富んでいる。このカルサイトは、岩盤の表面にたくさんの結晶が付着した破片ですが、眺めていると異世界の山のように見えてくる、そんな見立てが面白いです。

○産地/ドイツ 重量/254グラム 左右/9.5センチ 高さ8.5センチ