ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

6月27日

・次回の「香の会」日程が決まりました。 8 月9日(木曜日)夜、いつもと同じ新宿のカフェ、ラバンデリアで開催いたします。詳しくはインフォメーションをご覧ください。

・上の写真は、都電荒川線の町屋駅前の花壇のバラ。雨粒、見えるでしょうか。こんなバラも梅雨のしっとりした風情があって好きです。
このバラはパローレという香りの強い品種で、クンクンしてみると、バラの香りプラス仄かに柔軟剤をほうふつとさせる香気がありました。
近年、ドイツで作られた品種です。馴染みのある近東からラテン系のバラの香りとはちょっと違った北欧の人たちの嗜好に合った香りのように感じました。荒川線の沿線は、いろいろな品種のバラが植えられています。

  ○ブログを更新しました。「イエローサファイアの眩惑」 (7/11)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

カルサイトの「バベルの塔」SOLD OUT

2,500円

販売価格

2,500円

購入数


 伝説の聖なる山、あるいはバベルの塔を想わせるカルサイト(方解石)。中央の山、さらにひとつひとつの小山が、犬の牙に似た形の犬牙状(けんがじょう Dogtooth spar)結晶で出来ています。
 自然の結晶で、人の手で作られたものではありません。初めて見たとき、シュールな物語「類推の山」を連想しました。
 カルサイトは石灰岩を構成する炭酸カルシウムの鉱物。石英,水晶と並び、最もありふれた鉱物のひとつですが、結晶の形がいろいろな変化に富んでいる。このカルサイトは、岩盤の表面にたくさんの結晶が付着した破片ですが、眺めていると異世界の山のように見えてくる、そんな見立てが面白いです。

○産地/ドイツ 重量/254グラム 左右/9.5センチ 高さ8.5センチ