ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

オマーンの香炉(2-1)

4,600円

販売価格

4,600円

購入数


古代から乳香の産地として有名なオマーンのドファール地方の香炉(テラコッタ製)です。
 オマーン西部の中心地、サラーラにある乳香スーク(市場)で購入しました。上部が要塞のような独特な造形、素焼きの上に赤を基調にして、鮮やかな色彩で塗られているのが特徴とされています。ドファール地方の女性たちが世代から世代へと伝えてきた伝統的な品で、現地ではポピュラーで日常的によく使われている香炉です。

コーヒーカップのように把っ手(ハンドル)がついていて、香炉を焚きながら持ち歩けます。広い部屋や屋外で香を焚く中東の文化に由来しているスタイルと言えましょう。野外の催し、イベントのときに、好みの香を焚くことも出来ます。
また、飾り棚に置いておけば、部屋がちょっとエキゾチックな雰囲気になります。

素朴な作りです。おおらかな手塗りの彩色、素焼きなので、丁寧にお取り扱いください。

 <使い方> 上部に灰や砂を置き、その上に火を起こした炭(チャコール)をのせます。炭が赤くなってきたら、フランキンセンスなどの香をのせます。屋内では、あまり量をたくさんのせると煙が出過ぎて、警報機が鳴る恐れがあります。下の空洞は香炉が熱くなりすぎないように設けてあります。

高さ9.5センチ。重さ342グラム。火皿部分は、内径約7センチ、深さ約3.5センチ。