ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

日本産の瑪瑙(めのう)原石

2,000円

販売価格

2,000円

購入数


 とてもきれいなオレンジ色の半貴石。瑪瑙(めのう)は、鉱物としては水晶と同じ石英(SiO₂)です。石英が結晶の形になったものが水晶で、結晶粒が縞模様の塊状になったものが瑪瑙と呼ばれます。
 石、鉱物は、同じものでも、幾つもの名前があり、英語ではアゲート、東洋の古い言い方では、玉髄とも呼ばれます。色、形の整った瑪瑙は、磨かれ宝飾品になりました。古代オリエントやローマの遺跡からは、瑪瑙のビーズや指輪が発掘されています。中国では玉(ぎょく)のひとつでした。

 茨城県の常陸大宮を流れる玉川で採掘された瑪瑙の原石です。穏やかな半透明のオレンジ色の縞(しま)模様が美しい。表層は、白い石英が膜のように被っています。
 同地で産出される瑪瑙は、赤瑪瑙と呼ばれ、奈良時代初期の「常陸風土記」にも、この赤い石について書かれています。赤瑪瑙は、宝飾の世界では、カーネリアンと呼ばれています。
 日本で採掘される鉱物の中で、宝飾品としての価値が認められるものを選ぶとすると、水晶以外では、この赤瑪瑙と、糸魚川の翡翠(ひすい)のふたつのになるのではないかと思います。
 重さが 77 グラムあり、手にすると、存在感があります。現在、これだけの大きさで、滑らかな質感、色のきれいな原石は稀で、工芸品の素材としても秀逸な原石です。穴を空けてペンダントにしたり、彫り物、根付にも使えます。
 
長さ約 7.5 センチ、幅 約3.5 センチで厚さ約 2.2センチ。重量 77グラム。