ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

パロサント(古木)(2) 香木

1,000円

販売価格

1,000円

購入数


ペルー北西部のコラレス・ツンベスで見つかった自然に朽ちて倒れたパロサントの古木。樹齢 110 年と推定されています。コラレス・ツンベスは、エクアドル国境に近いアマゾン地域にあります。
 住民の祈りの儀式の後、香木としてカットされました。このパロサントは、そのひとつです。香りの油脂成分がたくさん含まれているので、木質が密で、手で持つと普通のパロサントに比べ重めです。パロサントの表面からも特徴ある爽やかな香りが濃密にします。
重量:10グラム   
長さ:11センチ