ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ナイト・コパル(ポ ム)

700円

販売価格

700円

購入数


 ガテマラでは、香として焚く コパル(樹脂)のことを「ポム」と呼んでいます。香を焚くことは、煙が天に上ることで、神様への捧げものと信じられてきました。もちろん、力強く、深い、よい香りです。
 コパルは、メキシコをはじめ中南米の代表的な香として知られていますが、現地では、いろいろな木から出る樹脂一般を総称してコパルと呼び、香としてだけでなくチューインガムのように噛んだり、薬にしたり、接着剤、顔料の定着材、ワニスとして使われています。
 このようなことから、ポムは、コパルのガテマラでの呼び方ということができます。黒い色をした樹脂の塊で、「ナイト・コパル」、あるいは「ブラック・コパル」とも呼ばれます。

○ グアテマラの先住民の人たちは、おこした炭の上にポムをくべて香を焚いています。  ポムの煙を体にあてると、病気が治り、魔除け、浄化になると信じられています。
そのあたり日本でも、浅草寺や川崎大師、長野の善光寺をはじめ多くの寺の境内で香を焚いていて、体の悪いところに煙をあてると治ると言い伝えられているのと似ています。

◎香りの楽しみ方・・・炭をおこして、その上にポムの砕いたかけらをくべるやり方があります。
 煙を避け、純粋に香りを引き出す方法もあります。当ショップで推奨している日本の香道の聞香をベースにしたナチュラルインセンスの方法です。アロマポットの上に崩した少量のせても香りを楽しめます。

◎ 本品は、トウモロコシの葉に包んだポムを小分けしたものです(「ポム」の項を参照)。また球形のブラック・コパルは形状が異なりますが、成分は、同等のものです(「ブラック・コパル」の項を参照)。

◎ビンの中に樹脂を固めたトリュフ型のポムが1個入っています。重量は5〜6 グラム。グアテマラの先住民の人たちの手作りです。

産地/グアテマラ