ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

5月9日

インド洋に浮かぶソコトラ島(イエメン領)、アフリカとアラビア半島の間にあって、植生が独自の進化をとげた島です。変わった植物が生えていて「世界で最も地球らしくない島」ともいわれています。

  ○ソコトラ島産のフランキンセンス(乳香)とミルラ(没薬)、ドラゴンズブラッドが入荷しました。おすすめ商品のコーナーからご覧ください。

上の写真は、ブンタン(文旦)の花。柑橘類の中では最も大きな花で、いまが開花期。濃密でクリーミーな香りに魅せられます。

ブログを更新しました。「「浅草田圃太郎稲荷」 と水の匂いのする夜」 (5/12) 、「カラタネオガタマ、スイカズラ、ブンタンの花の香り」(5/9)、「古代エジプト展と人智学と犬」(4/26)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ラミース

500円

販売価格

500円

購入数


 アラビアでは日々の生活に香が欠かせません。現在でも朝に夕に、また来客のおもてなしに焚かれています。さまざまな香りをブレンドした香も日常的に使われています。
 こうしたミックスの香は家で手づくりされたり、スーク(市場)ではレディメイドのものが売られています。それぞれの作り方は秘伝とされていますが、麝香、竜涎香そしてローズ、ジャスミンなどの花のオイル、白檀やウード(伽羅/沈香)などの香木がよく使われます。
 「アラビアの香」もそうしたミックス香です。長い歴史のなかで暮らしに香りがとけこんだ文化が生みだしたエキゾチックな香りです。
産地 /ドバイ(アラブ首長国連邦)

★ラミースの香りのイメージ/太陽、元気、奔放、うきうきした心、異国、オリエンタル

~ ~ ~ 使い方 ~ ~ ~

 アラビアでは香炉で焚きますが、置いておくだけで香りが楽しめます。
◎シンプルで、おすすめの方法……小皿に入れて、玄関やトイレ、ベッドサイドに置いておく。ふとしたときにほんのり香るという感じです。香りは数カ月から半年ほど持続します。
 小皿のほかにも、貝殻、小タイル、ガラスボール、小箱、スプーンなど工夫をすると、おしゃれな雰囲気が演出できます。
 あまり香りを感じなくなったら、塊を崩してみてください。
◎香りがしなくなったら、香炉やアロマポットで焚いてみましょう。その際、銀紙を敷いておくと、灰やアロマポットの皿に香りが移りません。