ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中

» カートの中身を見る

店長ブログ

12月4日

◯12月の香りといえば、枇杷(ビワ)の花の香りでしょうか。花は地味で目立たないのですが、仄かに甘くクリーミーな夢見心地になるような香りです。バニラの香りにも似ているのはクマリンという香気成分によるもの。
どこでもよく見かける樹なので、香りを感じてみませんか。
あと、花梨(カリン)、柚子(ユズ)などが思い浮かぶ。そして年が開けると蠟梅(ロウバイ)の香りとなります。

◯今月は、地元で最大の催し「ボロ市」がありまして、毎年、出店しています。予想では、これまでで最多の人出になるとか。師走の風情を味わいに足を運んでみませんか。

◯上の写真、いろんな美しいものを探してきた末、(個人的には)これが一番といきついたもの。インドネシアの島々の昆虫です。「ボロ市」でも虹色の貝殻などと共に少し出品いたします。

  ○ブログを更新しました。「モミ、クロマツ、ヒバ、ウメの樹脂を採る」 (9/19)

◎ 2017 年5月、フランキンセンス(乳香)の有名な産地、オマーンを訪れました。そのレポートです。ブログ「フランキンセンス(Boswellia sacra)に会いに、オマーンへ」

RSS ATOM

ラミース

500円

販売価格

500円

購入数


 アラビアでは日々の生活に香が欠かせません。現在でも朝に夕に、また来客のおもてなしに焚かれています。さまざまな香りをブレンドした香も日常的に使われています。
 こうしたミックスの香は家で手づくりされたり、スーク(市場)ではレディメイドのものが売られています。それぞれの作り方は秘伝とされていますが、麝香、竜涎香そしてローズ、ジャスミンなどの花のオイル、白檀やウード(伽羅/沈香)などの香木がよく使われます。
 「アラビアの香」もそうしたミックス香です。長い歴史のなかで暮らしに香りがとけこんだ文化が生みだしたエキゾチックな香りです。
産地 /ドバイ(アラブ首長国連邦)

★ラミースの香りのイメージ/太陽、元気、奔放、うきうきした心、異国、オリエンタル

~ ~ ~ 使い方 ~ ~ ~

 アラビアでは香炉で焚きますが、置いておくだけで香りが楽しめます。
◎シンプルで、おすすめの方法……小皿に入れて、玄関やトイレ、ベッドサイドに置いておく。ふとしたときにほんのり香るという感じです。香りは数カ月から半年ほど持続します。
 小皿のほかにも、貝殻、小タイル、ガラスボール、小箱、スプーンなど工夫をすると、おしゃれな雰囲気が演出できます。
 あまり香りを感じなくなったら、塊を崩してみてください。
◎香りがしなくなったら、香炉やアロマポットで焚いてみましょう。その際、銀紙を敷いておくと、灰やアロマポットの皿に香りが移りません。